親馬鹿日記

フィラリアの季節

今年もまたこの季節がやってきましたね。
フィラリアの予防薬を投与する季節が。
私の暮らす地域では、5月末から11月末までの7ヶ月投与すれば大丈夫でしょうと先生に言われているため、5月末に最初の薬をもらいに行くのですが、今年は5月末が悪天候だったため、6月に入ってからになってしまいました。
っていっても1日だけだけど(笑)

久しぶりの病院だったので、病院(先生)大好きなクラウンは大興奮★で大変。
構ってオーラを発しまくり、診察台の上で落ち着きなく暴れまくり、
「落ちるから!」
って静止しても言うことを聞かず:ase:
…ほんと、馬鹿だよなぁ…と思う訳ですが……。
久し振りの病院で、久し振りに体重も測ってもらいました。

5.50kg。

また少し体重減ってました!
良かった〜。
もうちょっと減って、5kg台前半をキープ出来るといいなと思います。
元々ポメにしては骨格も太くて重たい子で、去勢前の成犬時で5kgくらいありましたから。
まぁ、5kg前半−中間くらいだったら、OKって言える範囲なのではないかと。


フィラリア予防薬投薬の前には血液検査をして、昨年の予防がちゃんとされているか、フィラリアの感染していないかをチェックするのですが、昨年まで採血でもちっとも嫌がらなかったクラウンが、今年は嫌がってちょっとだけ暴れましたよ…!
が、学習した…?!(笑)

結局看護婦さんと二人で押さえにかかって、何とか採血してもらいました:ase2:
学習しなくていいことは学習するんだよなー…。

結果は陰性(ちゃんと予防に成功していた)だったので、今年も普通に予防薬を投与出来る事に。
なんと、体重が減ったので、薬がちょっとだけ小さくなりました!
偉いぞクラウン(笑)

そして春…ということで、先日結局市の集団予防接種に行かなかった狂犬病の予防接種もしてもらいました。
今までずっと集団予防接種には行かずに、病院で先生に打ってもらっているので、そっちのほうが安心だったり…。
それに申請も他の子たちとまとめて代行でしてきてくださるんですよー。
本当に有り難いです。ついつい頼ってしまいます。

クラウンは本当に先生と看護婦さんが大好きで、病院に居る間は飼い主の事は完全に眼中にないという(笑)
ほんっと、飼い甲斐のない犬だよなぁ…と思うのですよ…。
本当に飼い主が誰か認識してるのかなぁ?って思う事がしばしばあります。
うーむ…。

コメントを残す