漫筆

気になるアイテム:手書きメモのデジタル化アイテムと「どこでも机」

■手書きメモをスマートフォンで簡単にデジタル化したい…かも。

スマートフォンと手帳の使い分けとか併用とか、色々考えてると「手紙メモを手軽にデジタル化できたらいいなぁ」と思うものなんですが、「ショットノート」(キングジム)のような、カメラで撮影してデジタル化出来るようなアイテムが人気ということは、考えることは皆同じなのかなぁって気がしました。

ショットノート使いやすいのかなぁって気になっていたんですが、でもあれだと、ショットノートの用紙本体を購入しなきゃいけない(消耗品)ので、どうかなーって思っていて、未だに試したことがなかったんですね。

ノート(メモ)パッド本体を買うことをためらっている間に、今度はエレコムさんがこんなのを発売するらしいというニュースが流れてきました。


http://bcnranking.jp/news/1205/120522_22813.html

おおお!透明シートをノートに乗せて撮影すればいいんだ!
これならどんな用紙(メモ)でも問わずに取り込めるから、経済的なんじゃない?
これ欲しいかも!

サイズの種類も豊富ですね。
メモサイズ(A6位?)と、個人的に気に入っているサイズであるA5サイズが欲しいなぁって思いました。

■どこでも机がちょっと気になるよ!

http://www.yomiuri.co.jp/net/newproducts/related/20120529-OYT8T00869.htm

こんな記事が。

持ち歩いてどこでも机にしちゃおうっていうんですね!
なんか便利そうです(笑)というより、家の中でもパソコンが幅とって書き物する場所がなかったりするので、そういうときにも使えそうな(笑)

でも、私以前画板を使ってたことがあったんですよね。
投稿用サイズの原稿用紙に描くときに…。
あれ大きくて机の上で作業するスペースを確保するのがちょっと大変だったので(苦笑)
で、画板を使って描いてました。

一度画板を使い始めると何処でも簡易机ができたような気分になって便利で。
投稿用原稿用紙に絵を描かない時でも画板つかってたりしましたよ(笑)

この簡易デスク「スクライブ」も、画板で感じたのと同じように「手軽で便利」って思うようなアイテムなんじゃないかと思います♪

だったら画板でいいじゃん!っていうのは、多分言っちゃいけないことだと思うよ!(笑)

…いや、私は画板でもいいけどさ:-D

コメントを残す