【ホットケーキの旅】Cafe Ange

ずっと行ってみたかった、篠崎のカフェ、「Cafe Ange」にようやく行くことが出来ました♪
ここはパンケーキに力を入れてるカフェ…みたい?です。
レギュラーメニューの他に季節のパンケーキを出してるみたい。
私がお店に到着したのは11:00頃だったのですが、ランチタイムが11:30からということもあって、お客さんが居ませんでした。
11:30になった途端に二組ほどが来店していたので、ランチタイムが人気なのかも。
パンケーキはランチタイム以外でもオーダーできるので、早めに行って良かったなと思いましたよ。

< %image(2013-10-29-01.jpg|750|986|Cafe Ange)%>

お店は狭すぎることもなく、広いというわけでもなく…という印象です。
大きめのテーブルがふたつ、4人席が3つ位?だったかな、それと2人席が2席くらいありました(うろ覚えなので違ってる気がする…)。
テーブルには小さな草花が飾られていて可愛かったです。ハロウィンが近いので、お店のディスプレイもハロウィン的なモチーフが飾られていました。
大きいテーブルにはかぼちゃの置物(本物じゃなさそう?)が飾られていて可愛かったですよ。

続きを読む

亀井堂のクリームパン。

神楽坂駅の近くにあるパン屋さん、「亀井堂」。
先日訪問した「ねこの郵便局というなまえのお店」のご近所にあるパン屋さんです。

ここのクリームパンが有名で、美味しいんだよ、と、今の職場に入ってすぐの頃に教えて頂いて、それは一度食べてみたいなぁ!と思っていたのですが、いかんせん、普段は神楽坂駅を利用していないためになかなか行く機会が作れず、未だに買いに行ったことがなかったのです、が。

なんと、今日、職場の方から亀井堂のクリームパンをいただいてしまいました!!
わーい、Oさん有難うー!!:exult:

丁度お昼ごはんを食べ終わった後にいただいたのですが、(いつもお昼は菓子パン1個分で済ませているので)お昼ご飯として食べちゃおうかなぁって思ったんですよね。
とこころが……
持ってみたらびっくりするぐらいずっしり重たかったので(しかもサイズも大きい!)、お家に持って帰って食べることに…:ase:

ひとつであんなに重たいクリームパンがあるとは!

続きを読む

お月見。

十五夜って9月の満月なんですよねぇ。

「お月見」というともっと涼しいイメージがあったので、9月が十五夜って改めて知ったときにはちょっと違和感があったんですが、10月の満月も十三夜といってお月見するって知って、ああ、「お月見」の季節的イメージはこちらだな、と思ったのでした。
っていうかこの年になるまで正確にお月見するの月とか知らなかったっていう方が恥ずかしいですよね…(汗)

さて、そんなわけで中秋の名月、9月の満月の日は晴れて月が見えましたし、お月見しよう!と思って、せっかくならお団子お供えしようと考えていたんですが、たいてい仕事から地元に戻ってくる時間になると、お店にはそいう季節的行事商品の在庫がもうなくなっているんですよねぇ…。
結局9月の満月の日には、お供えのお団子が入手出来ませんでした。

まぁ、先に書いたとおり、9月ってまた相当暑いし(特に今年はいつまでも暑かったですな…)、お月見、っていうイメージはじゃないよね、10月の十三茶にお月見するほうがなんか「らしい」気がするよね、と思い、10月に仕切り直し(笑)をすることにしたのです、が。

続きを読む

…目的のランチならず…

< %image(mob/2014012620125700-2013-10-16-2.jpg|300|229|)%>

…うむむ……図書館まで来てみたど、残念ながらというかやっぱりというか、

カフェは休業になってました…_| ̄|○
図書館は開いてたんだけどなぁ…。
仕方がないので、駅近くのDIYセンターにあるカフェでランチ。
…ところで、行く時に会ったにゃんこ、戻る時にもまだいたわ。
風強いのにねぇ。

続きを読む

台風のため電車が止まっていて仕事を休んだので

< %image(mob/2014012619244200-2013-10-16-1.jpg|300|229|)%>
こんな悪天候なのに何を思ったのか、
地元図書館の上のカフェにランチできるかなーと…。
噂では最近リニューアルオープンしたらしいということなので気になってたんですよねー。

…そんな道すがら出会ったにゃんこ。
声をかけてみたら、逃げる様子もなく、にゃーーーーーーと鳴いて応えてくれました。
続きを読む

【映画】ウルヴァリンSAMURAI

やっと観に行けましたー!公開中に行けないんじゃないかと諦めかけましたわ。

プロローグ部で、今回のストーリーの柱になる人物とローガンの出会いと関わりが描かれます。
戦争中の長崎での出来事の様子。とある若い兵士を助けたんですね。

そして現在。すっかりホームレスみたいな出で立ちになったローガンさん、とある町でゴロツキに制裁を加えてるところ(笑)で、若い女性と出会います。
彼女は日本人(髪赤かったけどね…)で、自分の主人(屋敷の主人、マスターといった意味ね)の命により、ローガンを探していた、主人が死にかけていてお別れを言いたいので日本に来て欲しい、と言います。
最初ローガンは断るんですが、一日だけ、ということで承諾、一路日本へ。

昔命を助けた若い兵士は、その後大きな財力を持つ組織のトップになってるんですね。そしてその彼が死にかけてる。
当然「後継者」だとかお家騒動的ななにかだとか、陰謀めいたものがあるわけです。
当主が後継者に選んだのは、息子ではなく、孫娘のマリコだったりだとか、なぜかこのご時世にお家を代々守っている忍びの一族がいたりだとか、実は死にかけてる当主がローガンを呼び寄せたのは、お別れを言うためではなく、自分の野望のためだったりとか。

続きを読む

【映画】トランス

予告編を観て面白そうだったので観てみました。
「オークション会場から名画を盗みだす計画の際、実行犯の仲間の邪魔をして頭を殴られ、名画を隠した場所の記憶をなくしてしまった主人公を、催眠により記憶をよみがえらせようとする」話だということまでは予告編で知っている上での鑑賞でした。

ストーリーのテンポがよくて、序盤で催眠術師を訪ねてしまうんですね。
あれれ、これで真相どんどん紐解いちゃうの?って一瞬思ったのですが、そうは問屋が卸しません。

続きを読む