漫筆, パソコン・ガジェット

はじめてのGearBest。

訳あって、持ち歩けるようなパソコンが必要になったのですが、とりあえずエディタとExcelとWordが使えるスペックのパソコンであれば良いので、なるべく軽いもので中古で安いものはないかなぁ…と、しばらく(結構真剣に)探してみていました。

…が、結局、当面は手持ちのDynabook tab S68を使うことにして、一時探すのをやめ。
持ち歩くのではればDynabook tabの重量は丁度良いし、いいかなぁと思っているのですが、OSがWindows8.1なのが若干なれなくて使いにくいなぁとか、Excelとか使うには(8インチなので)若干サイズは小さいかなぁとも思いつつ……。
もんもんと考えているうちに、「あれ、そーいえば欲しいと思ってたWindowsタブレットがあったよね?」って思いだしたんですよ。困ったことにこのタイミングで(笑)
で、やめときゃいいのに、うっかりGearBestを覗いてしまったんです。
そうしたら、ちょうどその機種がFlash Saleで少し安くなってまして……。
最初中古ノート探してた時に出せそうな予算内に収まっちゃるじゃないですかー。
こ、これは……ぽ、ポチっちゃってもいいものかしら…(ごくり)。

一瞬勢いでポチっとな!っとしそうになったのですが、流石に即決してはいけないと思いとどまったのですが、あちこちユーザーレビューとか見て回ってたら、やっぱり欲しいなって思ってしまって。
思い切ってぽちっとな!っと注文してしまいました(>_<)

ポチったのは「Cube Mix Plus」。
OSはWindows10でSSDで、そしてなんといってもWacomのデジタイザを搭載している!というのが魅力の、お絵かき用途によさそうなタブレットPCです。

スペックとかはこのへんの記事とか

https://digitalnews365.com/cube-mix-plus-review

レビューではこのへんの記事とか

http://win-tab.net/imported/cube_mix_plus_natsuki_1701192/
参考になるかと思います。

Dynabook Tab S68もWacomデジタイザ搭載なので、S68に付属のスタイラスペンが使えないかなぁ…と思ってるのですが、実機で試してみないとわかりません。

さて、ところでGearBest。

海外製のガジェットの記事を見ると、よく利用されている大手の中国通販サイトですね。タブレットやパソコンなどの電子機器以外に、家電やらアパレルやら、いろんなものを扱っているサイトのようです。
私はパソコン関連の記事でなじみがあるので、てっきり電子機器の通販サイトなんだろうと思ってました。
GearBestが良く利用されているのは、海外向けに発送してくれて(配送方法によっては送料無料!)、商品価格も安い、という理由が大きいですね。
今回のCube Mix PlusもFlash Saleとやらで価格が下がってましたし、結構頻繁に(?)セールみたいなのをやってたり、価格も変動するみたいですね。
しかし、ここを利用するということは、「海外通販を利用する」ということな訳です。

英語も使えないような私が! 海外通販サイトで! 買い物をしようとか!
…本当に大丈夫なんだろうか……と一抹の不安を抱えつつ……。
上記の様に、よく使われている通販サイトであるが故に、ちょいとググると、「GearBsetでの買い物の仕方」的な記事がたくさん出てきます。詳しく説明してくださってる記事がいくつもあるので、そういう記事を参考にして、「注文する」まではそんなに苦労することなく済ませることが出来ました。

注文をしたのは、2017/10/5。(以下、全て日本時間です)
同日に、上記でリンクを貼らせていただいた2つ目の記事に書かれているPDA工房さんに、ペーパーライクフィルターを注文しておきました。

GearBestへの注文が到着まで何日くらいかかったか、という内容の記事もたくさん見つかるのですが、配送方法によっても違うし、配送方法が同じでも結構ばらつきがあったりして、平均的ところも良くわからないのですが、まぁ、国内通販みたいにスピード配送ってことはないし、ちゃんと届くことだけを祈っておきましょ、くらいの気持ちでいることにしました。
とりあえず送料無料の中でも日数が少なめに書かれた配送方法を選んでみたのですが…。(よくわかってない(恐))

2017/10/8、GearBestからメッセージが届きました。
……英語だからわかんない……(汗) ので、Googleさんに翻訳してもらいます。

実際のメッセージは、サイトのマイページに届きます。
GearBestのサイトは「一応」日本語表記に変更することが出来るのですが、要はGoogle翻訳で日本語に翻訳した表示に切り替える、というもの。
完全な日本語サイトではないものの、なんとなく意味を理解することは出来ます。
そんなこんなで、届いたメッセージを翻訳してみると、なになに……。
「あなたの住所は遠隔地だから、選択した配送方法だと追加料金がかかるよ!(要約)」
とのこと……。
えんかくち? えっ?海外だから? えーと、そうじゃなくて??
一瞬頭の中が「???」で埋まったんですが、とりあえず
「Flat Rate ShippingかDHLに変える?」
と聞いてきているので、返信しなくてはならず……(え、英語書けない)。

返信文もGoogle先生に翻訳してもらって、「DHLに変えて」って送ってみました。
(翻訳して変な文章になっては意味が通じなくなるので、なるべく簡潔な文章で書きました…)

2017/10/10、再びGearBestからメッセージが届きました。
「言われた通りDHLに変更したけど、遠隔地だから追加料金が$35かかるよ!追加料金払いたくなかったらFlat Rate ShippingかEMSに変えられるけどどうする?(要約)」
…だそうです。

初回のメッセージの返信を送った後からこのメッセージが届く間に、GearBestの配送の追加料金云々についてちょこっとググっていろんな記事を読んでいたのですが、利用する配送会社の言う「遠隔地」にあたる住所になると、$30くらいの追加請求が発生することがあるのだそうです。
しかし、今回のDHLの言ってきてるのは$35。約4000円ですって。むしろ最初に選んでた配送方法より追加料金多いんじゃ?!って感じです。
うちってそんなに田舎だったの?ってちょっと凹みましたわ…。

…むぅ、再び返信を要求されてしまいましたので、またまたGoogle先生に翻訳してもらって、「追加料金払いたくないのでEMSで送って」と返事を出しました。
流石に4000円も追加料金払ったら、せっかくFlash Saleで買った意味がなくなっちゃいますもの。

2017/10/12、GaetBestよりメールが届きました。
「EMSに変更して発送したけど、システム上は(DHLのまま)変更されてないよ。だけどちゃんと正しく送ってるから大丈夫!(要約)」
みたいな内容で、EMSのインボイスNo.も発行されているようでした。
……一応、出荷はされた、のかな?

マイページで確認してみたところ、メールに書かれている通り、配送方法はDHLのままになってしましたが、インボイスはEMSのもののようなので、実際はEMSでの配送になっているようです。
ところで、メールには「追跡できるようになるまで15-20日くらいかかるよ」みたいなことが書かれていて…。そんなにかかるものなのかな?って不思議だったんですが…。

中国倉庫から出荷されているので、出航手続きされるまで数日かかり、それまで追跡出来ない、みたいな記事を読んだので、ああ、中国広いから…って思ったんですが、(中国からの出荷だと)2~6日くらいで出航手続きされるみたいな記事もあって。
中国 EMS追跡で検索してみてるんですが、15日現在まだ反映されていませんでした。

…で、ふと気が付いたんですが、インボイスの末尾のアルファベットは、国名なのだそうで、中国だったらCNなんですよね。ところが、発行されてたインボイスの末尾はSG。
SGってどこ?って調べてみたら、シンガポールだそうで……。
ん?どういうこと?

調べてみたら、中国の通販会社等、チャイナポストではなくシンガポールポストから出荷することがあるのだとか。そっちの方が安いらしい…。
中国から代行会社?を利用してシンガポールまで運んでもらい、シンガポールから日本へ発送されるので、荷物がシンガポールポストに引き渡されるまで、追跡が出来ないんだそうです。
しかも、中国→シンガポールの日数も一週間くらいかかるみたい。

あー……そっかぁ、じゃぁ今はまだシンガポールへ向かって運ばれている途中なのねー…。
日本へ届くまで、あと1週間~10日くらいはかかりそうな感じなのでしょうか。
もうこうなったら、無事に届いてくれて、届いた本体が初期不良でないことを祈るしかないですー。
初の海外通販、ドキドキしっぱなしだけど、最終的に「いい経験」になってくれるといいなぁ。

また動向がありましたら、追記したいと思います。

2017/10/17追記

朝、シンガポールポストの追跡画面を確認してみたら、16日の午前12:00に受付されたというステータスになってました!

シンガポールからのEMSの配達日数は4日前後みたいなので、20日前後に届くかなー?というところでしょうか。

とりあえず、無事にシンガポールポストに引き渡された様でほっとしました~。

コメントを残す