2016年スケジュールリフィル。

今年、2015年からスケジュール帳をリヒトラブのコロモガエダイアリー(A5)にしたのですが、リフィルをカスタマイズしてリンク幅も変えて使っています。
…「コロモガエダイアリー」っていうよりむしろツイストリングノートのスケジューラーカスタムっていう方が正しいような…気がします…。

まぁ、そんな訳で、コロモガエダイアリーってリフィルを変えられるものなので、毎年買わなくてもいいわけです。
かわいい表紙が出て、それが欲しくて買う、はありかもしれないけど、表紙すらカスタマイズ出来るわけですしね。

そんな訳で2016年のスケジュール帳は、リフィルの用意だけをすれば良いなぁということで、しばらくテンプレートを探したり、どんなタイプがいいかと考えていたんですが、ウィークリー部分は自作してみることにしました!

市販のスケジュール帳で見てちょっと気になってた「ブロックタイプ」のウィークリーリフィルを作ってみましたよー。
< %image(2015-11-12-02.jpg|600|458|作ってみたよ)%>
作ってみた、はいいけど、果たしてブロックタイプが使いやすか(どういう風に使うか)っていうのはまだイメージできてないんですけどね…。
まぁ、試してみようかなって思っています。

ちなみにExcelで作ったんですが、使っている環境下のプリンタドライバに合わせて書式作ってしまったので、汎用的じゃないんですよねぇ、これ。
次に作るときはもうちょっと余白に余裕持たせて汎用性の向上を目指したいと思いました…。

続きを読む

手帳用に金属製のしおりを買ってみた

コロモガエ・ダイアリーにはマンスリーダイアリー用のラベルシールは付属していますがしおり紐はついていないので、増設しているウィークリーダイアリーとか、更にその間に増設しているメモ(ほぼダイアリー)の現在使用位置をさっと開くためには何らかのしおりが必要で。
更に、マンスリーダイアリー用のラベルシールはコンパクトでジャマにならないのですが、しおりとして使うにはちょっと控え目すぎて、該当の月をすぐに見つけられなかったりします。
結果、ブックマークをつけたいページが複数箇所あるので、かさばらなくて落ちにくいしおりってないかなぁって思っていたんですよね。

今までは急場しのぎで「とりあえず」、付箋を貼って使っていたのですが、付箋、普通のノートになら良いんですけど、コロモガエ・ダイアリーみたいにゴムバンドがついているタイプのノートだと、意外と貼る場所に悩んだりするんですよね…。
ゴムバンドを掛け外しする時にひっかかったり、バンドのかかる位置を避けたり気にかけなきゃいけなかったりしてちょっと使勝手が悪くなっちゃう。

何か良いものはないかなぁと思いつつ、「とりあえず」の付箋で(使勝手が今ひとつで見た目も今ひとつでも)一応目的は果たされるので、後回しにしてしまっていたのですが、先日見かけた記事で、良さそうなものを発見しました。

ブックダーツ

薄い金属のクリップみたいなブックマーカー…なのかな。

マグネット式のブックマーカーはなんだかんだで厚みや重量がかさみそうで手を出さなかったんですが、これは薄くて軽そう!って思って、Amazonで探してみたら、関連商品で可愛いブックマーカーが一杯でてきました!

< %nobr%>



< %/nobr%>

ちょっとお高いけど、どうせ買うなら(そして長く使うなら)可愛い方がいい!

ってなわけで、どれにしようか…と悩んだ挙句、クリスマスモチーフのものをポチっ!

続きを読む

手帳に使おうと思ってマスキングテープを買ってみましたー

< %image(2015-01-09-01.jpg|753|571|ますきんぐてーぷ)%>
今年の手帳、「リーフが抜き差しできる」ことが売りの「コロモガエ・ダイアリー」を、ぼちぼち使いはじめているのですが、昨日日記を書きながら、
「マンスリーとウィークリーのスケジュールスペースはあるけど、日にまたがるようなとどリスト((Todoリストのことです))書くようなスペースがほしいなぁ…」
って思いまして。
そこで改めて、好きなようにカスタマイズできるということは、使い方を考えて工夫していかないといけないっていうことなんだなぁと思いました。

とどリストとか買い物リストとかちょこっとまとめて書くようなスペースってほしいなぁと思ってしまいますよねー。
色々考えて思いついたことをリストとしてメモしたいと思っちゃうからでしょうかね。

多分、漫然と日記の合間に箇条書きでリスト書いても良いのだと思うんですけど、意外とあとから見ると他の日記やら覚書やらに埋もれて、「リスト」部分を探さないといけなくなっちゃったりするんですよねー。
日記ですら、日記部分が埋もれてあとから検索するときに探しづらかったりするんですもの。

続きを読む

来年の手帳の話。(その3)

引き続き、今回も来年の手帳の話です(汗)

なかなか準備が進まない手帳ですが、ようやくウィークリーリフィルを印刷することが出来ました!
…ここまでにまたいろいろありまして……運が悪いのかなんなのか…。

プリンタのカラーインクがなくなったので、(HPのインクカートリッジ高いので)リサイクルインクでいいやーって思って探しだして注文したのですが、注文したところが「在庫切れで入荷は12月初旬になります」という回答が来てしまい……。
うーん、待つかなぁ…と思っていたのですが、はがきも印刷しなくちゃいけなくなったので、在庫を持っていることを期待して、別のショップに注文しなおしてみたんですね。
そしたらゆうメールで発送してくれたのは良いのだけど、ちょうど連休にあたってしまって、(日祝はゆうメールの配達がないので)配送に必要以上な日数がかかった上、届いた商品が不良だったというオチがつき…=:[
ショップに連絡したら、すぐに代品を送りますと言ってくださったのですが、代品が届くまで作業がお預けになりました。

閑話休題。

まぁ、そんな訳で印刷出来るようになるまでに少し時間がかかったので、とりあえずリングや表紙など差し替えたりしていましたよ(笑)
こんな感じになりました。
中にマンスリースケジュールしか入ってないと、リング無駄にでっかいですな。
< %image(2014-11-22-06.jpg|481|633|くじらに差し替え)%>
キョクトウのダブルリングノートは穴の規格はいっしょなのでそのままつかえるのですが、径が大きい方のリングだと骨?がふといらしく、ノートの穴に余裕がなくなって開きにくくなりますね。ツイストリングノート用に作られている訳ではないので仕方ないのだけど…。
特にPPの表紙みたいな素材のものだと引っ掛かりやすくなります。うむむ…。
でもやっぱりくじら可愛いな。
因みにゴムバンドがついてる裏表紙はコロモガエ•ダイアリーのものです。裏表紙は半透明ではなく薄茶色っぽい色の板なので、汎用的に使えるようにしてあるんだなって思いました。

続きを読む

来年の手帳のはなし。(その2)

さて、引き続き来年の手帳の話題です★

コロモガエ・ダイアリーが届くまでの間に、リフィル用のダブルリングノートを探そうと思って、色々見ていたのですが、コロモガエ・ダイアリーはその名の通り衣替え、すなわち表紙もカスタマイズできるよ、というのがウリなワケですよね。
実はコロモガエ・ダイアリーにしようと決めたときから、差し替えたい表紙があったんですよね。
キョクトウのアニマルシリーズのダブルリングノートの表紙。

これ可愛いだけじゃなくて、表紙にポケットがついてるので便利そうなんですよね。

しかし、なかなかこれ売ってるところがなくって…。
しかもネットでも10冊単位(!)とかで売ってるところが多くて(汗)
10冊もいらーん!って困っていたら、(取り寄せになっていたものの)ヨドバシ.comで扱ってる事が分かりました。
しかも店舗受け取りもできる、ということ。
それならアキヨドで受け取ればいいかな♪(通勤経路内だし…)と、ヨドバシ.comを利用してみることにしました。
ついでにいくつかダブルリングノートを物色…。

調べてたら評判がよかったキョクトウの無地とドット方眼のノートとProject Paperのダブルリングノートタイプのものを注文してみましたよ。
取り寄せ品がいくつかあったので、入荷連絡を待つことにしましょう。

■て、言ってたらいろいろあって。

「取り寄せ」対象になってた商品も実際は入荷が早かったみたいで、注文の2日後くらいにはヨドバシカメラAkibaにそろってたみたいなんですが、登録したメアドが間違ってて入荷連絡メールが届いていなかったり(…馬鹿ですね…)、急な不幸に見舞われたりして、受け取りに行けたのが20日を過ぎてからになってしまいました…。
いやはや。

その間にイケマン楽天市場さんに注文していた「コロモガエ・ダイアリー」の本体が届いていました。

実物はこんな感じ。
< %image(2014-10-17-01.jpg|481|633|コロモガエ・ダイアリー)%>
柄つきの表紙の用紙の手前にPP製のクリアな表紙があって、二重表紙になっています。
表紙の用紙はリバーシブルになっていて、好きな柄を表にして「コロモガエ」できる仕様。用紙はコート紙で薄くもないけど厚くもない感じかな。

< %image(2014-10-17-02.jpg|753|571|年間予定)%>
< %image(2014-10-17-03.jpg|753|571|月間予定)%>
中身は年間スケジュール用の縦1か月横並びのスケジュールと、ブロックタイプの見開き1か月タイプのカレンダー+ノート数枚、という構成。
一般的な手帳についているようなふろく(路線図とか豆知識的なもの)は一切ついていません。

年間スケジュールが1ページに3か月ずつになっていて、記入欄に余裕があるのはいいですね(大体見開き1年っていうのが多い気がします)。
A5サイズにしたおかげで、月間スケジュールのブロックも大きめで結構書き込めるのではないかと思います。
1日の枠の中に罫線があって書きやすいような工夫がされているんですね。

続きを読む

来年の手帳のはなし。(その1)

2015年の手帳は「コロモガエ・ダイアリー」にしよう!と決めて、発売日を楽しみに待っていましたが、どうやら10月上旬くらいが発売日らしく。
Amazonでは10月6日?とか書いてあった気がしたんですが、実際は10日近く?くらいみたいで、楽天市場あたりではほぼ中旬の扱いだったみたい。
とりあえずリアル店舗で文具が豊富なお店があまり周辺にないので(新宿に通ってた頃ならいざ知らず…)、初めから通販で入手しようと思ってました。

発売日が近くなってきた10月上旬に、お得に買えそうなところ(笑)を探してとりあえず注文。(結局、Amazonではなく楽天市場で見つけた「イケマン楽天市場」さんで買うことにしました)
あとは届くのを待つのみ、となっておりました、が…。

10月12日にイベントがあって、横浜へ行く用事がありまして。
横浜駅の近くのそごうにLOFTがあるんですよね。
12日だったらコロモガエ・ダイアリーも発売してるはず!と思ったので、(すでに通販で注文してたからそこでは買わないけど)実物見られるかもしれない!と、早めに家を出てLOFTへ寄ってみました。

続きを読む

来年の手帳について検討してます。(その2)

そんなわけで、来年(2015年)の手帳を検討しているわけですが…。
前の記事({{5015}})の検討を経て、候補として考えたのがこんな感じでした。
< %nobr%>

  • 1日1ページタイプ
  • ホリゾンタル(レフト)見開き一週間タイプ
  • システム手帳的な、リフィルを自由に組み合わせられるもの
  • ノートリフィルタイプ

< %/nobr%>
★サイズはA5かB6で。

1日1ページタイプ

「書く面積が広い」と言えば、やっぱり1日1ページタイプだよなぁ…
ということで、やはりここは外せないかなと。
ほぼ日とEDITの他にもなんかあるのかなぁ、と調べてみました。

ARTEMIS(アーティミス) ARC-365DAYS RD(レッド) 【2015年版手帳】(2015年1月始まり) マンスリー+ウィークリー(1日1ページタイプ) B6

見た限りだと、これが1日1ページタイプのもののなかで最薄最軽量な感じですね。
ただ、2014年のレビューで紙が薄いので裏映りすると書かれているのを見かけました。やっぱり紙を薄くするとどうしてもそうなりますよねー。

1日1ページと言えばほぼ日ですが、来年のほぼ日はなんと公式で分冊タイプが発売されるそうで!

:link:はじめまして。分冊版のほぼ日手帳“avec(アヴェク)”です。

…名前もあったんですね…。
分冊かー、分冊だったら結構軽くなるよね、ちょっと気になるかも!と思ったり…。

ほぼ日と言えば、MOTHER2コラボカバーが出るんですよね!

:link:MOTHER2 Onett

でもオリジナルサイズしかないんですって!!
これ、カズン(A5)があったら買ってたよ……カバーだけでも。
だってどせいさん下敷きほしいですもの!

うーん、重たいけどやっぱり1日1ページかなぁ、ほぼ日は使ったことないし、分冊で使ってみるのも手かなぁ……と、結構本気で検討していました。

続きを読む

来年の手帳について検討してます。(その1)

気づけばもう9月も下旬になってしまいました…。

9月に入ると、そろそろ来年の手帳が店頭にも揃い始めますね。
気が早い私は7月に入ったころから、ちょこちょこ検索をはじめ(笑)来年の手帳の検討を始めておりました。
でもさすがにまだ7月の段階では来年の手帳の確定したリリース情報が多くはなく……。
結局その頃からだらだらと調べ続け、検討を続け…で、気づけばもう9月になっていた、という感じであります。

ま、検討してる時期が一番楽しいっつっちゃぁ、楽しいのかも知れないんですけどね。

7月といえば、今年の手帳もちょうど半分使った時期になりまして、その頃には翌年の手帳の検討を始めるのには頃合い的にも良い時期なのかなぁ、と個人的には思っています(だから7月位から、翌年の手帳のことが気になり始めるんだと思ってます)。
そこから検討を始めると、来年の手帳が出そろうまでにたっぷり2〜3か月は考える時間がありますしね。

今年の手帳のこと

今年の手帳は、憧れのEDITを購入して使っているのですが、来年は違う手帳を考えています。
EDITは良い手帳だと思うんですよ……デザインもシンプルで使いやすいと思うし、1日1ページの手帳にしては厚さや重量もスリム化の努力が見られますし。
B6変形というサイズも手帳としては良いと思います。
総合して言えば、好きな手帳です。

それでも、来年はEDITを継続しないことにしました。

EDITを継続しない(個人的な)理由

「好きな手帳」なのに継続しないことを決めた、個人的にEDITが自分に合わないと思った理由は。

  • 良くも悪くも「1日1ページ」
  • 1日1ページの割にスリムだけど、やっぱり重い…。

…あれ、挙げてみたら2つしか理由なかったですね…。
でも、この2つの理由が、「他の手帳を検討するに十分な理由」だったのです。

続きを読む

ハイテックCコレトを買ってみたよ

今年に入って、ずっと使ってみたかった手帳、EDITをようやく使い始められました!が、少し使ってみて、やっぱりせっかく1日1ページ手帳を使うんだから、もうちょっと「手帳活用術」的なものを参考にしてみたいなぁと思い…。

と同時にちょっと気になったのがペンの太さ。
マンスリーに予定を書くにしても、デイリーに日記的なメモを書くにしても、「領域が決まっている」ので、0.5のペンだとちょっと太く感じるんですよね…。

< %image(2014-01-09-01.jpg|481|633|フリクションボールスリム)%>

手帳用にリラックマのDr.グリップを買って持ち歩いているんですが、色々書き間違えたり予定が変わったりするので、フリクションボールが便利だなぁと最近思っていて、年末くらいに試しにカラーのフリクションボールスリムを2色買ってみたんです。
スリムは軸がスリムで省スペースというだけではなくて、太さも0.38と細いんですよね。

それを使ってみたら、マンスリーの枠にも書きやすくて。
やっぱり細いのがいいなぁって思ったんです。

で、手帳活用法をググってみるとよく使われているのがどうやらハイテックCの0.4みたいで。
ハイテックCは絵を描くのによく使っていたんですが、手帳には使ってなかったなーと…。
そしてハイテックCと言えば、カスタムできる本体とリフィル別売りの先駆け的な商品、ハイテックCコレトがありますよね。
コレトは気になりつつも、今まで手を出していなかったんでが、ちょっと使ってみたいなぁって思い……仕事帰りに文具屋さんに行ってきました!

Dr.グリップにしても何にしてもこれは基本としてなんですが、4色ボールペン+シャープペンっていう構成ははずせないかなぁって思っていて。
とはいえ、ハイテックCを持ち歩いても、リラックマのDr.グリップは持ち歩くと思うんですよ。というか持ち歩くつもりなので、そちらにシャープペンがあるのだからハイテックCには要らないんじゃないかとも思ったんです…が、やっぱり気持ち的にあった方がいい気がして、5色用本体を買うことにしました。

でも見てみたら、5色用本体だとかわいいのってないんですよねぇ…。
限定とかでかわいい本体があるのって4色用が多くて。
そこでもちょっと迷いましたが、初志貫徹(?)で5色用本体にしました。

続きを読む

EDIT買って来ちゃいました☆

2014年の手帳はMARK’SのEDITにしようと、今年(2013年)の手帳を買った頃から決めていたものの、(ようやく2014年版のEDITが発売されたのですが)購入出来るのは今月下旬以降かなぁ…と思っていたのですが、ふと、
「いや、買うのはリフィルだけなんだから、それなら買えるな」
と気づきまして。

早速今日、LOFTに寄ってGetしてきましたっ!
< %image(2013-09-05-01.jpg|600|448|EDIT)%>
わーい!一年間楽しみに待ってたEDITだー♪

ところでEDITはシンプルな紙面デザインが人気なわけですが、ひとつ、シンプル過ぎて不評な点があるんですよね。
…デイリー(1日1ページ)の日付印刷が、日曜日も平日と同じ色で印刷されいてる、というところです。

続きを読む