2019年4月 – めりぷろ −Merry Procurts-
 

月別: 2019年4月

池袋のルミネに入っているシネコンに映画を観に行った際、少し待ち時間があったので、パンケーキ食べられるお店はないかなーと彷徨っていたら見つけたお店、「HOUSE MADE」。

店内は木材の調度品を基調とした、カントリー風味漂う可愛らしくも落ち着けそうな雰囲気で、一人でも入りやすいです。

このお店では「パンケーキ」ではなく「ホットケーキ」という名称で、メニューの写真を見る分にもいかにも「ホットケーキ」と言った感じの生地の様子。

種類もいくつかあったのですが、グランドメニューらしいホットケーキではなく、別メニューになっていた「いちごとマスカルポーネのホットケーキ」をドリンクセットでオーダーしてみました。
ホットケーキが1180円、セットのドリンクが280円(税抜き)と、都内のカフェでは一般的〜少しリーズナブル?位の価格設定。

少し待っていると、先にドリンクが運ばれてきました。


ホットケーキは焼く時間がかかるだろうから、まだ待つだろうな、と思い、のんきに写真などを撮っていたら、程なくしてホットケーキが運ばれてきましたよ、っと。

…と、運ばれてきたお皿を見て……一瞬固まりました……(笑)

でかっ!

でかいっていうか、厚い!

しかも1枚分、まるっとお皿に載ってるし、1枚分の直径も大きいよね、これ?

もうちょっと上から撮ってみましょう。

(1/4でこの大きさだから…1枚だと何センチなんだろって考えてしまった…)

しかし、この厚さのホットケーキを焼いてるにしては運ばれてくるまでの時間がそんなに長くなかったから、何か効率の良いフライパン?で焼いてるんだろうな。

さて、気を取り直して、早速いただいてみましたよ。

外はしっかりぱりっと焼けていて、中はふんわり空気を含み十分に膨らんでいて、まさに「ホットケーキ」!でした。
ホットケーキ大好きな私としては、この生地はいいですね。美味しいです!
クリームは甘みがあっさりで、いちごの酸味もあって、ボリュームはあるのですが食べすすめやすかったです。
出されたものは残さない!(ただし、事情によりやむを得ない場合を除く)が信条のワタクシ、しっかり完食いたしましたよー。
お腹が一杯です……。

これね、ふたりで1皿をシェアするのでも十分満足できると思います。それくらいボリューミーだと思いましたよ。

…これでこのお値段……。
都内のカフェだと一般的〜少しリーズナブル、と書きましたが、この量でこのお値段って考えると、とてもリーズナブルですね!
良いお店に巡り会えました♪

面白いお店に出会えるので、やっぱりパンケーキの旅はやめられないなぁ(もちろん、ただのカフェ巡りでも良いのですけどね!)

House Made
東京都豊島区西池袋1-11-1 ルミネ池袋店 8F
https://oya-food.com/shops/house-made-ikebukuro/

キャラクターグッズの定番として、クリアファイルがありますよね。
アニメや漫画関連だけでなく、美術展などの記念グッズでもクリアファイルやポストカードは定番のグッズだと思います。
価格も手ごろなので、複製原画やポスターに手が出なくても、ポストカードやクリアファイルは手が出しやすい。
美術展に行ったとき、いつも記念にポストカードを買ってくるのですが、気に入った絵のクリアファイルがあったときには、クリアファイルを買ってくることもあります。
あとはやっぱりアニメやまんがのクリアファイルですよねー。これはもう、好きな作品のものはつい買っちゃう。っていう感じで。
気づくとクリアファイルが大量に集まっていたりします(笑)

で、このクリアファイル。
これって、小さいクリアポスターだと思いませんか?
ポストカードもポストカードサイズのスタンドに入れて飾るために買って来ているのですが、クリアファイルも(もったいなくて使えないから)飾りたいなって思ってたんですよね。
ポスターほど大きくなくて、ポストカードより存在感がある。なかなか良いサイズ感だと思うのです。

そのまま飾っても勿論良いのかもしれないのですが、どうせだったらフレームに入れて飾ったほうが、アートっぽくていいよねーって思って、クリアファイルに合うサイズのフレームを探してみました。
A4クリアファイルって、A4サイズの紙を入れるためのものなので、サイズとしてはA4の用紙よりも一回り大きく作られているんですよね。だから、A4サイズ用のフレームだと、クリアファイルのほうが大きくて、入らないのです。
フレームに入れるなら、B4サイズのものに、中枠(?)をつけて飾るというのが一般的なのかなー、って思っていたのですが、普通にフレームを買う場合、それなりに数を買うことを考えると、安いものでもそれなりの金額になるかなーと。100円ショップでもB4サイズのフレームは売ってるけど、中枠の用紙はついてないのがほとんどなので、その場合は自分で良きサイズに紙をくりぬいて作らないといけない、ってことになる。
どうしたもんかなー、と考えていたところ、ふと、ペーパーフレームの存在を思い出しました。

厚紙製の簡易フレームで、よく、写真などを人に贈るときに使われてるんじゃないかと思われます。
以前シモジマに行った時に見かけたのですが、写真サイズだけじゃなくて、もっと大きいサイズもあったはず。
「前後の紙の間に挟んで留める」というものなので、中に入れるものよりも一回り大きく作られてるんじゃないかな、と考えました。だとしたら、A4サイズ用のものでも、A4サイズより大きく作られているはずですよね。

早速調べてみると、2つくらいのメーカーの製品が見つかりました。

Chikuma フォトフレーム マットスタンド45 A4
 外寸:348×260mm
 内寸:288×200mm


HAKUBA フォトフレーム インサート ペーパースタンド A4 サイズ
 外形寸法:340×250mm
 中抜きサイズ:277×190mm



重要なのはサイズです。外寸と内寸を見比べてみて、「Chikuma フォトフレーム マットスタンド45 A4」の方を試しに買ってみることにしました。

本当は両方買って使い比べてみるのが良いのだろうと思うのですが、もう一つの「HAKUBA フォトフレーム インサート ペーパースタンド A4 サイズ」は、外寸、中抜きサイズとも、少し小さめなので、サイズ的にはクリアファイルを挟める大きさはあるけれど、もしかしたらピッタリすぎるかも?そもそも、挟み方が違うので、クリアファイルは入らないかもしれない、という懸念もあって、試すに至らなかったんですよね。

Chikumaのフレームが届いたので試してみますよ。

フレームカラーは何種類かありましたが、シンプルに白(3枚入り)を注文してみました。

試しに入れてみるのは……「月刊少女野崎くん」のうさ耳みこりんのクリアファイル!

さて、挟んでみましょう。
作業中の写真を撮り忘れて画像がないので、文字だけでどんどん行きます(暴露)。

紙のフレームに、薄いアクリル板が入っています。
中に飾るものを挟んだのち、付属の両面テープで開いている部分(そちらが下部になるかと)を留めて完成!という、至って簡素な作りになっています。

クリアファイルを飾る場合、裏のイラストが透けないように、間にコピー用紙などを挟むと良いと思いますよ。

両面テープで留める部分を残すことを考えると、フレームに対し、クリアファイルのサイズは「みっちり」という感じでしょうか。でも、入らない!ということはなかったです。
内枠のサイズも良いかな。
クリアファイルは表面の右上に半円形のくりぬきがあるので、内枠にくりぬきがかからないようにうまく位置合わせすると良いです。

下部を両面テープで軽く留めて、出来上がりっ!

みこりん、好きだーー!

簡易的なものでも、フレームに入れるとほんとにミニサイズのクリアポスターみたいでいい感じですね♪

普通のフレームに比べて安価なので、ある程度数を飾ろうとか、フレームの色を色々変えてみよう、っていう場合には、ペーパーフレームは気軽に購入できて楽しいと思います。
軽いので扱いやすいとも思いました。

ただ、良いことばかりでもないようです。
日本は湿度が高い国ですので……(苦笑)
紙は湿気を吸うと湾曲したりしますよね。ペーパーフレームも時間が経つと湾曲したりするようです。
紙の宿命でしょうか…。
変形したら、押さえて形を整えてみるとか、いっそ新しいフレームに入れ替えるなど、メンテナンスは必要になりそうです。

昨年のお正月に実家に帰省した際、兄からZUK Z2のおさがりをいただきました。
私の持ってる端末の中で、唯一Android7.0で、ストレージ64GBで、さらに処理速度が超速(笑)っていう、高スペックな子だったので、喜んでいたのですが…。

私の使い方が悪かったのです。
充電したまま、温かくなるSSDドライブの上に置きっぱなしにしたりしてたから(最悪)。

秋ごろ、ふと気が付いたら、なーんか裏蓋が浮いているように見えるではないですか。
ソフトケースをつけていたので、気づくのが遅れたっていうのもあるんですが……バッテリーが膨張してました(汗)

これはやばい!って思って慌てて電源を切って。
放置したら(冷えて)元の状態に戻るんですが、充電をするとまた膨張するので、これはダメだな…と。

今年のお正月に、兄に「そういえばZUK Z2はどう?」って聞かれて、バッテリーが膨張しちゃったという話をしたら、「まー、寿命だねー」(本体も高い端末ではないし)、と言われたのですが、「バッテリー安く手に入って、自分で交換できるんだけどね」とも言われ。
その時は、「うーん、でもやっぱり自分で交換するのはちょっと怖いかな-」って言っていて、残念だけど処分するつもりでいたんです。

春頃、端末処分しなきゃ、と、OSの初期化をするために電源を入れたのですが、当たり前だけど本体自体はちゃんと動くし、やっぱりうちのどの端末より早いので、このまま捨てちゃうのはやはり勿体ないかな…と思い始めて……。
Youtubeでバッテリー交換の動画を見たうえで(日本語じゃないので何言ってるかはわからなかったんですが、丁寧に手順を撮影してくれてたので見るだけでもイメージはつかめました)、もともと捨てる気だったんだけら、失敗してもいいか!って割り切って、バッテリー交換をしてみることにしました!

ネットでバッテリーを注文したのですが、なんだかんだで手元に届くのに1か月くらいかかったりしして……。
これならわざわざ国内のショップに注文せずに海外通販で購入したほうが安く入手できたよな、って思ったんですが、後の祭り。
まぁ、無事に届いたからいいか、と思うことに…。

というわけで、バッテリー交換をしてみました!

バッテリーパックに、交換用の工具も一通り附属していたので、すぐに取り掛かることができましたよ。親切!(笑)

先に動画を最後まで見て手順を覚えていたので、迷うことなく作業することができました。予習って大事!(笑)

まずは裏蓋を外します。


もともと膨張したバッテリーが裏蓋を押し上げて隙間ができてる部分があったので、そこからピック状のプラ板(?)を差し込んで、周囲をドライヤーで温めながら少しずつはがしていきます。
意外とはがすのに時間がかかりましたが、何とか(裏蓋無傷で)はがすことができました!

ネジが細かくてちょっと大変(眼に問題を抱えていなければどうということもないと思うの)ですが、バッテリーの交換自体は難しいこともなくすんなりと作業できます。

作業手順はこんなかんじ。

古いバッテリーパックを外したら、新しいものを同じように取り付けるだけ。新しいバッテリーパックも両面テープで固定したのですが、元々ついていたような立派な(?)ものがないので、普通の薄い両面テープで貼り付けました。

バッテリー交換後、裏蓋を元のように貼り付けますが、こちらも、普通の(薄い)両面テープを使いました。(写真は上部と左側だけ貼ったところですが、同じように右側のバッテリーパックの上と下側にもテープを貼ります)

裏蓋を貼り付ければ、見た目も元通りに。


普通の両面テープですが、意外としっかり貼り付けられましたよ

電源入れてみます…!

ドキドキしながら電源を入れてみたところ……

無事に起動しましたよー!


良かった!

とりあえず満タンまで充電してみたのですが、初回の充電では消耗が異様に早くて、大丈夫かな?と思いました。
が、2度目に充電してからは、普通にもつようになったので、バッテリーにも問題はなさそうです!

もう温かい所(SSDの上とか(汗))に置きっぱなしにしないようにしなくちゃね!(当たり前だ)

ところで、ZUK Z2、国内のゲームなどは一部動かないものもあるので、注意が必要です。
まぁ、私が入れてたゲームはどれも動いたのであまり問題は感じなかったのですが、貰った当初(というよりつい最近まで?)は、どうぶつの森だけが動かなかったんです(起動はするけど、進めないっていう状態)。
なので、これだけはダメなのかなーって半ばあきらめていました。
……が、久しぶりにZUK Z2で起動してみたら、ゲームを進められるようになっていました…!!
アップデートを重ねて、動くようになってたんですねー!
もちろん、ZUK Z2に対応した、というわけではなく、たまたま(ZUK Z2でも)動くようになったんだろうと思うのですが、唯一私が入れてたゲームで動かなかったものだったので、動くようになってうれしいです♪

■余談。
今年に入って、しばらく触ってなかったASUSのMeMO Pad7を久しぶりに見たら、こっちもバッテリーが膨張してました……。おぉぅ(滝汗)

こっちは動作も重いし、迷わず処分することにしましたわ。
過充電注意ですねー。

さくらの季節

| 2 Comments


今年も桜の季節になりましたね。
今年は仕事場に行く途中の八丁堀の桜を撮ってみました。

花が咲いてから、暖かい日や風の強い日もあるけれど、どちらかというと肌寒い日が多い気がします。
おかげ様で4月に入ってもまだ満開じゃない?みたい。
まだ少しだけつぼみが残ってました。

桜は咲いたらあっという間に散ってしまう印象の強い花なので、少しでも長く楽しめるといいな。