★夏になると毎日暑いしか言わなくなるのは仕様です。

っつーわけで(どういうわけ?)今日からまた平常業務です。相変わらず強烈な睡魔に襲われて超絶眠くて死にそうになってました。眠すぎます。辛いです。起きているのが。
今日は一応仕事があったので寝てる場合でもなかったねすが、それでも睡魔には打ち勝てません。
朝が早いのは辛いねー。

★今日で定期が切れました_| ̄|○;;定期を買うお金がない…明日から仕事にいけない……と真面目に思ったわけですが、そうも言ってられないので、何とか定期を買いました。死にそうです。
恐ろしいことに明日には回数券区間の分(自宅最寄路線は定期より回数券の方が安いという不思議)の回数券が切れるので、やっぱり仕事に行けなく……
と、言う訳にもいかないので、これまたなんとかしなくてはなりませぬ。
っつーか、今週は某DVDの1巻(予約済み)を引き取りにいかないといけないし、雑誌は発売するしで、ちょっと大変です。やっぱり死にそう。
…と言ってても仕方がないので、何とかしなければなりませんけどね。


そう、交通費といえば、不思議なことが色々あるんですよねぇ…。
うちの最寄の路線は本当に不思議で、100g100円よろしく、1駅100円って勢いで運賃が上がるし、とにかく住民泣かせな路線なんですが、何が不思議って、定期の割引率が今時(?)21日分というのがなんとも……。
週休二日の会社に勤めていると、平均月間出勤日数が20日くらいなので、定期を買うとソンをするという仕組みになっているんですよねー。
月間出動日数が22日以上なければ、お得にならないし、23日以上使わないとなんとなく納得できないという罠が…(どんな罠?)
定期券を買うより回数券を買った方が安く済むんですよねー。そんな定期券の存在ってなんなんでしょうかねぇ。不思議でなりません。

ところが不思議なのはその路線だけではなくて、JRにもあったりしたんですねー、不思議。
京葉線が不思議なんですが…。
同じ駅からJRを利用して目的地(田町)まで行くルートが2種類あるんですね。
ひとつは総武線を使って秋葉原経由田町、というルート、もうひとつは京葉線(正確には武蔵野線)を利用して東京経由田町、というルートで。
同じ駅を出発して、同じJRを利用して同じ目的地に向かうのなら、どっちのルートを使っても運賃は同じになる、と思いますよね?私はそう思ってたんですよ。
ところがなぜか、武蔵野線を利用して東京駅経由で行くルートの方が、運賃が高いんですよ……不思議ですよねぇ。
当然、定期券もそっちの方が高くなるんですよ。
なので、私は秋葉原経由の定期を買ってるんですけど…。
他の区間でもそういう矛盾って結構あるんでしょうかねぇ。

という話を職場の同じ派遣会社の人に話してたら、京葉線のもっと不思議な現象(?)を聞きました。
彼女は以前八丁堀から京浜幕張まで仕事で通っていたらしいのですが、八丁堀→海浜幕張まで直で切符を買った時と、舞浜で一旦途中下車して、八丁堀→舞浜、舞浜→京浜幕張と切符を買った場合では、なぜか後者の方が合計金額が安くなる、という不思議があるそうで。
普通は初乗り運賃が二重にかかることになるので、途中下車した方が高くなるのでは…って思うんですけどねー。
不思議に思って調べてみたら、本当に途中下車した方が合計金額が安くなるということが解りました(60円ほど安くなります)。
不思議です。凄く不思議。
でも、定期はちゃんと続けて買った方がほんの少し安くなるみたいなんですけどねー(それも不思議。その矛盾はどこで調整されてるんだろう?)

…京葉線も不思議だなー。そういう変な矛盾が生じる線って、結構あるのかも知れませんね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP