★夏だと言うことを忘れるくらい涼しい一日でした?。本当に楽。雨は降ったりやんだりしてたけど。
明日も降ったりやんだりのぐずつく天候らしいけど、気温は少し上がるみたいです。蒸し暑くなったりしたらいやだなー。

涼しいのでいくらでも眠れそうだったんですが、いつもの週末と同じくらいの時間にもそもそと起きました…。
本当はもっと眠りたいところだったんですけど、やっぱりなんか…ねぇ…。

★小雨が降ったりしていたのですが、比較的近場?で花火大会をやっていたようです。途中で雨が降ってきたので一時中断したりしてたみたいでしたが…。
音がかなりはっきり聞える場所で上がってたみたいなのに、花火自体は全く見えなくて、ちょっと淋しかったですよ…:ase2:
何処の花火大会だったんだろうなぁ…。
そういえば、今年は一度も花火を見ないで終わりましたなぁ。

★今日は雑誌を買いに本屋に行きました。…うん、それだけ。
あとはたまった録画ビデオを見てたくらいかなー。
だらだらですね…相変わらずですね…。
雑誌やらアニメやらのことは雑記とかまるマコンテンツとかに書いちゃったからなー。


★ところで雑誌と言えば、最近感じたことが…。
角川の月刊ASUKAとか、スクエニのガンガンとか(こっちは通常読んでるわけじゃないけど)、比較的「流行り絵柄の作家」さんが多い雑誌を見て思ったんですが、絵柄は好きでも、「マンガ」になると読み辛く感じる絵柄ってあるなーと…。
多分「個人的に」なので、他の方が同じように感じるとは思わないんですけど。あくまでも「私は」っていうことでね。
その作家さんの「絵柄」は好きでも、「マンガ」として読み辛い。
…どういうことかというと…。
たとえば描き込みが多い作家さんとか、トーンをがっつり貼って全体的に画面が黒っぽい作家さんとか、「マンガ」としてみたときに、画面全体から受ける印象が、「ごちゃごちゃしていてネームを読みにくい、話を追いにくい」と感じてしまうんですよね…。
絵が上手くて書き込みが細かい、って良いことなんですけどね…。でも「マンガ」って、それ以上に、画面をぱっと見て入ってくる情報が大切だったりするじゃないですか。キャラクターたちの動きだったり、ネームだったり。描きこみすぎてごちゃごちゃに感じる画面では、ぱっと見では情報が入り辛くて、肝心のストーリーを追うことが億劫になってしまって。
「イラスト」として見て素晴らしく美麗な絵と、「マンガ」に適した描き方って違うんだな、って思ったんですよねー。
マンガとして読むときは、どちらかというと、描きこみは多すぎずシンプルな方が読みやすい気がします。
トーンだって貼ればいいってもんじゃないだろうし(絵柄にもよるけど…)。
勿論、コマの割り方にも左右される話ですよね。描き込みが多くてコマ割が細かいと、本当に読む気がなくなっちゃったりしますし…:ase:
画面に余裕を感じるくらいの構成だと、1コマの描き込みが細かくても圧迫感やごちゃごちゃ感を感じなくて読みやすいかも。

色んなマンガを見るのは、やっぱり勉強になるものだなーと改めて思いました:-_-2:
何の勉強だよ、って言われそうだけど(苦笑)
古い人だと言われても仕方がないけど、やっぱり「読みやすくてシンプルな」構図のマンガが描けるようになりたいですね?。

てか、最近マンガ描いてないじゃん、私_| ̄|○;;
仕事が見つかって落ち着いたら、活動再開したいですね…そろそろ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP