今日の更新は日記のみです


★今日はお休みでした。
とにかく寝る!と思っていたので、お昼過ぎに起きました…。

で、今日は映画を観に行ってきました。
イベント絡み以外で映画観に行くの、今年に入ってからは初めてですよー!
もう3月だというのに……。
今年はあんまり沢山映画は観に行けないのかなーなんて思ったり…(´・ω・`)
いや、でも映画観に行く位しか楽しみないのにねぇ…。

結局、シネコンに行くまで今日観る映画をどれ(どの組み合わせ)にするか決めていなくて、シネコンに到着して上映スケジュールの前でしばらく悩んで…悩んで…悩んでから、決めました:ase:

今日の映画は「ヒア アフター」と「恋とニュースのつくり方」を選択。

■1本目「ヒア アフター」
うーん、なんと言っていいのか解らない…です…。
画面上で結構「事件」な出来事が起きているのに、全体を通して淡々と描かれているというか…。
メインの登場人物3人は、それぞれ全く違う国、境遇にあって、接点も何もないのですが、「死」という共通点により、最後はロンドンで出会うのですね。
「霊能者」を引退した(でも力はある)ジョージは死者と話すことが出来、
ジャーナリストのマリーは臨死体験をし、
少年マーカスは双子の兄を事故で亡くしてしまった。

3人それぞれが違う形の「死」であるというところも面白いですね。
マーカスがとても可哀想でしたよ…。
双子の兄は頭もよくてしっかりしていて、マーカスは兄が頼りだった様子。母親と暮らしているのだれど、母親は薬がやめられない…。
そんな中、兄が交通事故で急死してしまい、挙げ句、母が更正するまでの間、マーカスは里親に預けられることになってしまうんですね。
マーカスは兄と話たくて、ネットで霊能者を探しては会いに行くのだけれど、どれも偽物ばかり。

最後はジョージに出会い、ようやく兄の言葉を聞くことが出来るのですが、それまでのマーカスと、兄の言葉を聞いてからのマーカスの顔つきが明らかに違って、ああ前進出来たんだな、と。

淡々と描かれているっていう印象の映像で、途中で退出する人もいました。
だけど私は楽しめました。面白かったです。

■2本目「恋とニュースのつくり方」
前向きで元気な女の子が奮闘するコメディテイストのラブストーリー…ですが、あんまり「ラブ」の部分は前面に出ていなくて、どっちかというと、仕事に奮闘する女の子のお話、っていう方が軸になってるかな。
主人公のベッキーは勤めていたローカルネットのテレビ局から突然リストラされ…
夢だった全国ネットの朝の情報番組のプロデューサーに採用されるのですが、その番組が低視聴率の番組で…。
立て直す為に、彼女が子供の頃から憧れていた報道キャスターに出演依頼をするのだけれど、そのキャスターがとっても自尊心が強くてわがまま。
立て直すつもりが、更に視聴率の低下を招いてしまい、あと6週間で番組終了を言い渡されてしまうことに。
その6週間で視聴率が上げられたら延長してもらうという約束をとりつけ、再度の立て直しに奮闘する、というお話しで、とにかく前向きで元気なベッキーがとても可愛かったです!
寝ても覚めても番組の事ばかりで、まさに「仕事人間」といった感じなのですが、それが「夢」でもある仕事なので一生懸命になれるんだな、と。
やっぱり夢って大切だよな…と思ったかな。だから頑張れるんですよね、きっと。

★明日からまた仕事の日々が始まります−。
明日は店口一人だから頑張らなくては…。
そして、結局今日も確定申告の準備などはまるで手がつけられなかったので、明日からは本当に確定申告の準備にかからなくてはいけないなーと。もう何度目の正直だ、って感じなんですが、今度こそ本当に…でないと間に合わなくなってしまうので:kya2:
もう現実逃避してる場合でもなくなってしまいましたよ…(苦笑)

:TweetBlog:

Follow me!

「映画!」への2件のフィードバック

  1. 1日に2本とは・・・私も1ヶ月に1本は見ようと昨日「英国王のスピーチ」見てきましたよ〜^^この2本次回の参考にさせてもらいますね^^

  2. >エンマさん
    コメント有難うございます−!
    1日に2本…は、実は私的にはふつーの事だったりするのですよー(笑)
    いつも3本くらいハシゴします★

    「英国王のスピーチ」観てこられたねですねー!
    私も観に行きたいです!

    春も面白そうな映画がいくつもあるので、
    楽しみですねー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP