Webカンパって風習(?)がありますよね。
昔から、Webでカンパを募ったり送ったりということが行われていて、それらのためのWebサービスが出来たりしてきましたが、やはりカンパを「送る」人は少ないのか、はたまた送金システムの問題なのか、なかなか長く続くシステムがなかったように感じています。
まぁ、カンパ送ろう!って思うケースが少ないのかもしれませんが、「カンパ」だけじゃなくて、Webカンパの送金システムを何かうまく利用できないかなぁって考えていて。
以前はWeb MoneyでWebカンパサービスがあったので設置してみていたことがあるんですが(もちろん、自分が応援していただける様な対象だと思ってる訳ではないんですけどね(笑))、それもサービスが終了してしまったんですよねぇ(もう結構前の話になりますが)。

ずっとね、同人誌の通販の支払方法の一つとして、Webカンパのサービスを利用出来ないかなぁて思ったりしてたんです。
でも、今までのWebカンパ送金サービスって、少額でも結構な手数料がかかってしまったり、ちょっと手間がかかってしまったり…というものばかりだったので、利用する敷居が高いんじゃないかなって思っていたんですよね。

そんな中見つけたこちらのサービス。

:link:15円から始められるソーシャルカンパシステム「Kampa!」

Amazonギフトを利用して、手数料をかけずに送金しちゃおう!
というサービスです。
結構前から始まっていたサービスのようですが、未チェックだったため最近まで知りませんでした。
Amazonギフトなら、少額から購入できるというメリットもあるんですね。
金額も自由に設定できるし、なるほど、これはいいかも。


このサービスの面白いところは、欲しい(購入予定の)商品に対してカンパを募ること、でしょうか。共同出資して備品買うとか、ギフト贈るとかの用途にも利用できる、ということです。

人様からカンパを募ろう!なんて考えられるのは、一部の「有益なコンテンツを発信しているブロガーさん」とか、「バリバリ活動されているクリエイターさん」とか、「有用なアプリケーションを作られているプログマーさん」などの、特別な方たちだと思っているので、自分自身がここでただ理由なく「カンパ募集してます!」とかやっても「何言ってるんだこの人…」って感じだなぁと思っているんですが(苦笑)、このシステムを活用して、先に書いたような、「同人誌通販のお支払方法の一つとして利用していただく」みたいな使い方は出来そうなんじゃないかなぁって思いました。
「それなら単純にAmazonギフトで送金すればいいんじゃないの?」
って言われそうですが(汗)
確かにそうなんですけど、どんなものに使われるの?って判ったら楽しいじゃないですか(え、楽しくない?…まぁ、そうとも言いますね…)。

…でね、ふと、このカンパサービスを見てて思ったんですけど…。
確かにこれ、みんなに「これ欲しいのでカンパしてくれたらうれしいです!」っていう用途で使われることを想定したサービスだと思うんですけど、Amazonギフトって自分で自分にも送れましたよね。
ましてやこのサービスを使うと、商品それぞれに送金先のアドレスが発行されるので、厳密には「自分(のアドレス)」宛ての送金じゃなくなるわけですし。

これ、「○○(欲しいもの)貯金」に使えそうじゃないですか?(笑)

あのですね、私みたいな低所得なヲタクだと、ある程度額の張った物の為に「欲しいもの貯金」をしよう!って思っても、お金があるとつい生活費やらマンガやらにまわしちゃって、なかなか目的の額を確保するのが難しいんですよねぇ(とても情けない話なんですが)。
でも、貯金する額だけAmazonギフトに変換しちゃえば嫌でも「貯金」になっちゃうんじゃないかなって。
それに、ブログに掲載することでみんなが「あ、この人これ欲しいんだ、あ、やっと買ったんだ」ってわかるのだから、貯金達成して購入したら、買ったものの感想やらを書けば記事ネタも出来るじゃないですか!(笑)

そんな訳で、主に「欲しいもの貯金」の為にコレ、利用してみようかと。
ついでに通販の支払いの受け口になってくれたり、奇特な方がカンパして下さったりしないとも限らないですし…ね!
人生、何があるか解らないですから(笑)

まずは思いつくままにほしいものを貼り付けてみようと思います(笑)
高額のものはいつになるか予想もつかないけど、少額のものなら早めに達成するんじゃないかなぁと(後回しにしちゃう可能性大ですが)。

とりあえず、掲載したらひとつくらい早めに達成して、このサービス使ってみた感想と併せて記事書きますねー。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP