★相変わらずお馬鹿な日々を送っております。多分私の馬鹿は死んでも治らない。真性馬鹿ってヤツですな。

★ニュースサイトで、ヘッドラインを見てたら、こんなコラムが目に入ったので見てみました。

今週の注目オンラインソフト

へぇ~、「Quintessential Player」ってのがあるんだ?。
窓用のメディアプレイヤーって、そういうえば、あんまり色々試してみたことがないんですよね。ずいぶん前にVectorでちょこっと見てみた程度。で、結局はWinampとiTunesを入れときゃいいかーってことで、それらを入れておしまい。iTunesは、もともとMacユーザーってこともあって、なんだかんだで使い慣れてるし、Winampはヲタ的に(?)も、SKINが豊富なのが楽しいから。

でも、コラム記事を読んで、再生もエンコードも音がいい…みたいなことが書いてあったので(そしてもちろんSKIN対応ってことも)興味が沸いたので、ちょっと検索してみたら、意外と定番ソフト?的位置づけなのか、使ってる方も多そうですね。

で、早速DLしていれてみました。
言語パックに日本語もあって、DLすれば普通に日本語化されるのも手軽でいい。残念ながら萌えSKIN(笑)はないけど…:ase:
これでWinampのSKINが流用できたらいいのになぁ…。

しかし、普段音楽ばっかり聴いてる割には、耳はよくないので(難聴という意味ではなく、微妙な音の違いの聞き分けが出来ないの意味)、普通に再生したところで、Winampとの違いはぱっとは判らなかったんですが、どれだけ違うものなんだろう?と興味があって…(笑)
同じデータの同じ曲をイコライザを切った状態で交互に聴いて、どれくらい違うのか、っていうのをやってみたんです(暇だな、こいつ)。
そうしたら、私のいい加減な耳で聞き比べても、本当にQuintessential Playerの方がクリアに聴こえましたよ?。プレイヤーによってこんなに違うものなのかぁ…。
具体的に(あくまでも私のいい加減な耳で、なのですが)どんな違いを感じたかというと、Quintessential Playerの方が、高音と低音がはっきり聞こえて、音が深いように思えたんですよね。


…んで、なんとなく2つのプレイヤーで同時に同じ曲を再生して、完全シンクロ?、とかやってみたりして…:ase: どんだけ暇なんだ、私。

Quintessential Player、使って行きたいなぁと思ってるんですが、残念ながらmixi stationも、Regnessemも、Last.fmも、Quintessential Playerには対応してないんですよねぇ…。残念ですよ?。
そんなわけで、あれこれ色んなプレイヤーを使ってみようかと思っていたりします:ase3:

…そういえば、iTunesとWinampの聞き比べをちゃんとやってみたことがなかったんだけど、これはどれくらい違うんだろう。

★現在サイトに掲載している小説(…ってい呼んでいいのやら…)の、文章成形が正しくない!ということで、成形しなおそうと思ったんですが、一番最初の部分を直し始めたら……
なんかもう、あまりにも駄目駄目で泣きたくなったので(泣笑)
…全体的に加筆修正することにしちゃいました…:ao2:
えーと…。「In Quest of TAILLAND」は、小説にしては珍しく、超小部数ですが、同人誌として発行した事があるので、サイトに掲載するのも、同人誌として発行した時のままで掲載しようと、そのまま掲載していたのですが……。
今回もそのまま文章成形のみ修正しようと思っていたのですが、あんまりにも酷すぎたので…_| ̄|○;; 見るに見かねて、という感じですね…:kusya2:
まぁ、そんなわけで、大筋はもちろん変わりませんが、全体的に加筆修正して改訂版(?)として出来上がった部分から順次差し替えて行こうと思っています。

★今日発売の某DJCD届きました。まだ、「全ては大賢者様の思し召し★」の方には書いてないんですけど…(時間がなくなっちゃったので明日書こうかと)。月刊ASUKAも買ってきたのですが、明日はニュータイプロマンスが発売されるので。
でーもー、某DJCDのボーナストラック(!)のお陰様で、とうとうこっちの世界に戻ってこられない状態に…(爆)
凄い破壊力だったよ、宮田さん😆 …(笑)

★「赤貧戦士ボンビーs!」6巻に差し込む訂正の紙のコピーとカットは終了。差し込み作業はこれから。
昨日描いたサイト&ボンビーs!10周年記念絵にペン入れをして、取り込みまで終了。
…こんなペースで、完成するのはいったいいつになることやら…。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP