Photoshop用のアンチエイリアシングプラグインが発売されるそうです。

:link:アンチエイリアシング プラグイン「PSOFT anti-aliasing」発売

タブレットで直描きする場合以外の、下絵取り込みの場合、いつも600dpiの2値で取り込んで線画修正→解像度を400dpiでグレースケール変換しているのですが、600dpi→400dpiにしても、線画は完全になめらかにはならないんですよねー。
2値の線画に簡単になめらかなアンチエイリアスがかけられたら、作業効率は上がりますよね。

う?ん、便利そうだ、使ってみたい…。

…と思って対応バージョンを見てみたら……

Photoshop(Windows版) 7.0 / CS / CS2 / CS3

うち…Macも窓機も写真屋のバージョン5.5Jなんですよねぇ…(遠い目)

……駄目じゃん_| ̄|○;;

むー、残念ー。

ちなみに、体験版もあるようですので、Photoshopの対応バージョンを使われている方は、是非試用してみてください?★
…そして、その効果の程を教えていただけると嬉しいです?:heart2:

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP