ちょっと脊髄反射的に拾って来ちゃいました:ase:

:link:システム青山、親指シフトキーボード搭載モバイルノート

親指シフトキーボードという響きがもう既に懐かしいんですけど…(笑)
富士通の親指シフトキーボード。昔、ワープロ専用機でOASYSを使っていたので、お世話になったキーボードです。
一番最初に就職した会社でも、OASYS使ってたので、親指シフトでした。懐かしいなぁ?(遠い目)


二つのシフトキーとの組み合わせにより、ひらがなを入力するというタイプのキーボードで(場所が親指の位置にあるから「親指シフト」って言われてたんだと解釈してるんですけど、それでいいのかな?)普通のカナ打ちに比べて、使用するキーが少なくてすむ=覚えれば入力が格段に早くなる!ということで、ライターさんや作家さんなど、文字を沢山打つ職業の方に愛用されてきたキーボードです。

これ、モバイルノートの割には液晶サイズが大きいんですね(重量は1.7kg弱と、持ち運び不可能ではない重さですし)。
親指シフトキーボードのノート、やっぱり今でも親指シフトの需要は高いんでしょうか。
ちょっと気になるノートです(笑)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP