普段から珈琲ばかり飲んでいるので、やっぱり珈琲メーカーにはちょっと興味がありまして。

いつも“できたて”、1杯ずつ入れるコーヒーシステム「Senseo」
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0702/26/news069.html


ドリンクバーなどでみる、「1杯ずつドリップしてくれる機械」のパーソナル版?って思えばいいのかな?1杯ずつ抽出してくれていつも出来たての珈琲が飲めるっていうのは、いいですよね?。
…でもまぁ、自宅ではこんなに良いものは必要ないと思うんですが…。小規模オフィスなんかには良さそうだなぁと。本体価格もちょっと良い珈琲メーカーと同じくらいの価格みたいですし。
ただ、専用ポッド?が1杯約50円と、ちょっとお高め…かな?と。これがもう少し安くなったら、利用しやすくなるんじゃないかなぁ、などと思いつつ見てました。

珈琲メーカーで作りおきすると、どうしても時間が経つと煮詰まった珈琲になっちゃって飲めたもんじゃなくなっちゃうんですよね?。
今職場で使っているのがそんな旧式のものなので、せめて保温ポットに抽出するタイプの珈琲メーカーがほしいな?なんて思ったりします。
…普通にステンレス保温ポット買ってきて入れ替えればいいんでしょうけど…(苦笑)<一番安上がりだ。

自宅では1人なので、珈琲メーカー買っても使わなくって、直接保温ポットに一気に数杯分、ドリップで作っちゃったりするんですけどね(笑)
結局手動が一番楽…なのかも…?

Follow me!

「珈琲メーカーも進化するのね」への2件のフィードバック

  1. まぁ、楽をで言えば手動が一番ですが、やはり香り等を楽しむのであれば珈琲メーカーですネ☆
    昔はコーヒーも飲めたのですが、ある日を境にコーヒーが飲めなくなったので今は紅茶派になっていますが基本は変わらずの香りを楽しみたいので暇な時は本格的に煎れたりします(*´∀`*)

  2. >Lucifarさん
    をを、こんな辺境地までお越しくださって有難うございます♪
    個人的には珈琲メーカーでいれた珈琲より手動でドリップする珈琲の方がすきだったりします。本当はサイフォンが欲しいです(笑)
    Lucifarさんは今は珈琲が飲めなくなってしまったのですね?。
    紅茶も大好きなのですが、煎れるならちゃんとポットで煎れたいとか思ってしまうとどうしても手間がかかってしまってついつい珈琲で済ませてしまうんですよね?。
    紅茶はミルクで、ちゃんと牛乳で飲むのが好きですvv
    気力があるときにはロイヤルミルクティーとか煎れたいですね?:heart:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP