えー、今月末に今まで使っていた「ウィルスバスター」の更新が迫っているので、重たいウィルバスターをやめて、別のセキュリティソフトにしょう、と「ウィルスセキュリティ」を購入してみた({{49}})、ら、インストールするとエラーダイアログが出てどうしようもなくなってしまう({{51}})という事態に陥り、にっちもさっちも行かなくなったので、プリンタドライバを削除していたわけですが、9/1にウィルスセキュリティのサポートに問い合わせメールを送りつけておいたら、意外にも(と言ってはいけないわな…)土曜日である翌9/2にお返事のメールを頂きました。
サイトのサポートコーナーに「現在調査中」の旨掲載があったので、それと同様の返答かと思ったら、「お客様の使用環境等に基づき詳しく調べたいから、サポートツールでのマシンスペックの情報提供に協力してちょ」というような内容(当たり前だが文面は違うからね(笑))のメールで、そのサポートツールのDL先URLなどが記載されていたので、これで一日でも早く不具合が解消されるならいいなと思って、そのサポートツールで作成したマシンスペック等の詳細データをメールで返信しておきました。
その後は、「ご協力有難う、原因究明に励んでみるさ」的な内容のメールを頂き、音沙汰がなくなっているところ…なんですけれども

メーカーさんの原因究明および不具合解消を待ちつつ、でも、やっぱり折角あるプリンタ複合機が動かないというのはどうしようもなく不便だし気になるだろ!!って思っていたんですよね。
ネットワーク接続しようとするからエラーが出るのであれば、USBで直接接続すればエラーは出なくなるんだろうけど、折角のネットワークプリンタなのだし、出来ればちゃんとネットワークプリンタとして接続し、なおかつ、エラーが出なくなって欲しい。
で、再度ネットで同様のケースを検索してみました(最初にエラーとぶつかっと時も検索してそこに書いてある方法を試してみたんですがダメだったんです)。今度はもう少し沢山の記事を見てみよう、と、いくつか記事を読んでみたら、まだ試していないことが掲載されている記事を発見。
そこで、本日、再度プリンタドライバのインストールに挑戦してみました。

結論から言うと、何とかエラー回避出来ている?みたいです。少なくとも今のところエラーダイアログも出てないし、ウィルスセキュリティのファイアウォールも有効になってるし、印刷も出来ている。次に再起動したときにエラーが出なければ、多分大丈夫なんじゃないかと。

自分用の備忘録として設定した方法を一応書いておきます。
先にウィルスセキュリティがインストールされ、ファイアウォール有効になっている状態からのインストールです。

*HPのサイトから最新のプリンタドライバをDLしてくる。

*Photosmart2610に付属していたCD-ROMからドライバをインストール。(これが結構時間がかかるんだ(^_^;))

*「ネットワーク接続」を選ぶと、そのままではプリンタを検出できず、いったん「見つかりません」の画面でインストールが止まります。
なので、ウィルスセキュリティのファイアウォールを一時的に停止にして、再検出を実行。するとプリンタが検出されます。
(インストール前にウィルスセキュリティのファイアウォールを無効にしておけばよかったんですよね…)

*インストーラはこの後もインストールを続けてくれますが、この時点でエラーダイアログが頻発するようになります。ダイアログが表示されたら消す、の動作を繰り返し、とにかくまずはドライバのインストールを終えます。

*次にDLしてきた最新版のドライバソフトを続けてインストール。手順は同じ…ダイアログが頻発するのも同じです(^_^;)しかもインストールに時間もかかる…

*ドライバのインストールが終わっら、ウィルスセキュリティのメニューを開き、「不正進入を防ぐ」のファイアウォールのタグの右にある「設定」を開きます。
インストールした時点では「IEEE-1284.4-1999 Network Driver」は「アクセスを完全に許可」の状態になっていますが、それを「遮断」に設定を変更。

*更に「設定」タグの「ローカルLAN設定」のネットワーク通信設定を「低」に変更

この様に設定して印刷テストを行ってみたところ、正常に印刷もされ、頻発していたエラーダイアログの発生も出なくなっていました。

とりあえずこの設定でしばらく様子を見てみようと思います。エラーが出ず、印刷も出来ていればOKかと。
後はメーカーの原因解明を待って、正式な解消法を待つのみですね…。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP