ファンタジーしか読まない…とは言い過ぎですが、読む本の大半がファンタジーな私。とにかく偏読なんです…。
そんな訳で、おすすめファンタジーを挙げだしたらキリがない。何処から何処まで取り上げようかと迷っていて、なかなか書き出せませんでした(苦笑)それくらいファンタジー好きなのです。

という訳で最初は入りやすいところから…と言う感じで、ファンタジー好きにはおなじみのシリーズを挙げてみようかなぁと。


「魔法の国ザンス」シリーズ
カメレオンの呪文
著:ピアズ・アンソニイ

魔法の国ザンスシリーズの1作目です。「1人ひとつの魔法を持って生まれてくる」ザンスにおいて、魔法の力を持っていない青年ビンクが、自分の魔法の力を探すために旅に出ます。
旅を通じて出会う人々や、明かされるビンクの「魔法の力」。魔法の国ザンスの魅力に引き込まれますよ?!しかもザンス、フロリダ半島にあったりして(笑)魔法の力を持たない、「人間」たちの世界がすぐ近くにあったりします。
ザンスシリーズ、長いですよね。主人公として描かれる人物も、世代が変わったり、別の人物のエピソードだったりと、多彩。シリーズものですがエピソードとしては基本的に1冊完結の形式で描かれるので読みやすいです。

実は16とか17とか、新しいシリーズはまだ読んでないんですよね?(T_T)…読みたいですっ。



「ランドオーヴァー」シリーズ
魔法の王国売ります!
著:テリー ブルックス

ランドオーヴァーシリーズの1作目です。こちらはザンスほど冊数は出てないですが、やはりシリーズもの。テリー ブルックスのファンタジーは、ちょっとロールプレイング的要素があって、読みやすくて面白いですね。
「魔法の王国売ります!」というタイトルに目を惹かれ、パラパラと開いてみると、主人公のベンは普通の(現代世界の)弁護士…。ん?と思って読み進めてみれば、行く先はばっちり魔法の世界です。
魔法の国の住民たちも非常に魅力的ですし、「現代社会」のすぐお隣にある魔法の国で、主人公は現代人出身です。「現代人が異世界に行っちゃったよ」的サプライズもあり、ゲーム世代の方々にも読みやすいファンタジーなのではないかと思います。


マジカルランド お師匠さまは魔物!

マジカルランドシリーズ
「お師匠様は魔物!」
著:ロバート アスプリン

マジカルランドシリーズの1作目です。水玉蛍之丞先生のイラストに惹かれて手にとった本でしたが、ライトファンタジーっていうんでしょうかね、とにかく面白い!…笑える意味でも面白い…です。かる?く読めるところもよいのではないでしょうか。
出てくる人たちがハチャメチャで魅力的。そして主人公のスキーブの天然っぷりが何だか可愛いのです。
勿論ボケにはツッコミが必要。それが魔物でお師匠様になるオゥズ。見た目は恐ろしく、ちょっと乱暴者っぽいけど、実は面倒見がいい(?)魔物です。
最初は見習い魔法使いで、たいした魔法なんて使えないスキーブ。それがなぜか「偉大なるスキーブ」とか呼ばれる大魔法使いになっちゃったりします。その顛末は?

最新シリーズは、ジョディ・リン ナイとの共同執筆になっているのですが、最新シリーズの方はまだ読んでいないんですよね?。少なくとも、アスプリン単独で書かれているシリーズは、テンポも良くて非常に読みやすく、普段あまり本を読まれない方にもかる?く読んでいただけるのではないかと思います。
このシリーズは私も随分影響を受けて、無意識下に根づいてしまっていて、自分の作品の赤貧戦士ボンビーs!のジョエル師匠などは(作ったときは全然気付いてなかったんですが)スキーブの影響が物凄く出ていて愕然としたくらい(^_^;)
外観や天然ボケっぷりはもとより、「魔法」の概念においても、強く影響されています。


:odaisanka:

Follow me!

「「この本オススメ!」その4:FT編1」への4件のフィードバック

  1. 逆に私はファンタジーを余り読んでなかったりしますw
    この分野はハヤカワ文庫が充実してますよねぇ。
    翻訳本だけに訳者に左右される時も多いですが^^;

    ゼラズニイにはSFファンタジーだから読みやすいとも、きくのですが・・・未だに読んでません(^_^;)

  2. >sakaさん
    ファンタジーは最近は一般的っぽく見えますが、
    一部のファンが好んで読むジャンルなので、なじみのない方も多いのではないかと思います。
    ファンタジーといえばハヤカワか創元かって感じですよねぇ(笑)

    ゼラズニィって、ロジャー・ゼラズニイのことでしょうか?
    私はこの方の作品は読んだことがないのですが
    読みやすいのでしょうか…。

  3. 本格ファンタジーだと指輪物語とかになってくるんですが、どうしても馴染みがないせいか
    手に取らないことが・・・(^_^;)
    TRPGとかで免疫はあるんですけれどねww

    ロジャー・ゼラズニイの事です^^
    私がSF好きですので、ゼラズニィならSFファンタジーだから・・・って事で
    結構前に薦められたままでして(^_^;)

    ハヤカワのファンタジー系はそこそこ大きな書店で無いと置いてないので巡り合わせしだいです。

  4. >sakaさん
    「指輪物語」は評論社刊のものを読みましたが、文体が私には少々読みづらく感じられ、
    更に文庫の割に1冊が厚いので、慣れるまでに少し時間がかかりました。
    なので、少しとっつきにくいかも知れないなぁと思います。
    でも読み進めていくうちに世界に引き込まれましたよ(私は)。
    定番すぎるので、記事としては取り上げませんが、大好きな本のひとつです。

    sakaさんはSFがお好きなんですね。私は逆にSFは嫌いじゃないはずなのになぜか読まないです。
    だから、きっとそんなものなんじゃないかと思うんですよね。

    参考書や専門書、実用書とは違い、「小説」は娯楽のための書籍ですよね。
    だから、食指が動かないジャンルの本を、わざわざ読む必要はないと思うのです。
    例えばsakaさんがFTに食指が動かないのであれば、
    多分sakaさんはFTを求めていないという事だと思います。

    逆に私はFTが好きで読み漁ってますが、SFに食指が動かないのは、
    結局自分はSFを求めていないからなんだと思っています。

    本当に読みたくなったときに手にとってみて、
    改めてその面白さに気付かされる(こともあるかもしれない)、
    といういスタンスでいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP