自由帳

2020/02

2日遅れですが…


久しぶりにバレンタイン天使のマナちゃんとレンちゃん(オリジナルキャラクター)を描きましたー!

本当はギャラリーに掲載したかったのですが…。
実はWordpressのテンプレートを訳あって変更した関係で、ギャラリーが復旧出来てなくて(ちょっと…なんかうまく表示させられなくて…)、取り急ぎ、雑記の方に掲載することににしました。
うーん、やっぱりWordpress、なんか私には合わないのかも……。

ちなみに、今回はMedibanペイントを使って、仕上げ以前まではiPad Airで描きました。
レイヤーそれなりに使って描いてたら、仕上げの段階で結構なファイルサイズになってしまっていて、「これ開いたらアプリ落ちるかもよ」的な警告が出る始末で(苦笑)
最後の仕上げはWindows(デスクトップ)版のMedibanペイントで仕上げましたとさ。

iPad Airで最初に描いたのは、買っちゃいましたー!って書いた1枚まんが?だったのですが、あれはアイビスペイントで描いてみました。
アイビスペイント、評判が良いみたいなので使ってみたいなぁと思っていたので、いい機会だから!と使ってみたのですが、なんか…ツールメニューとかわかっていなくて、微妙に描きづらかったです(汗)慣れの問題だと思うのですが。
で、今回はMedibanペイントを使ったわけですが、iPad版は初めてだったので、ツールメニューにちょっと戸惑いはあるものの、アイビスペイントよりも使いやすかったです。
あと、あえてペーパーライクフィルタではなく、アンチグレアのガラスフィルタを貼ったので、ペンが滑りすぎて描きにくいかな?って思ってたのですが、絵は意外と描きにくくはなかったです。
描き文字はガラスだと滑りすぎて、もともと汚い字が更に汚くなっちゃう感じでしたが(苦笑)そのうちにサードパーティーのスーパーソフト?のチップとか使ってみたいなと思ってます。

 

≫ Read More

創作活動   2020/02/16   このみ

というわけで、iPad Air 3を開封しますー

届きましたよ、iPad Air 3!
新しい端末を開けるときはどきどきわくわくしますねぇ。

本体開封ー!

まずは外箱から。
整備済品は、新品の箱とは違う、シンプルな白い箱に入っています。
それにしても軽いなぁって改めて思っちゃった。これ、10.5インチだったよね?

ちなみにアップルマークは側面についてますよー。

ぱっかーん!と蓋を開けると、本体とご対面!
ちなみに、背面です。カラーは最初から決めてました、ゴールドです!

あのー、iPad Pro 10.5インチにあったローズゴールドとは違う、もう少し落ち着いた色になっちゃってるんだけど、それでも少し赤みがったゴールドが可愛いなって思って。
あのローズゴールドきれいだったのに、やめちゃったんですねぇ。残念。

本体の下には付属品が入っています。
ステッカーも入っていますよ(笑)

ちなみにAir 3 はUSB Type-CじゃなくてLightningケーブルです。
なんでType-Cじゃないんだーって言う方も多いのではないかと思うのですが、私は初代iPad mini遣いでもあるので、ケーブルが統一されているのは逆にありがたいかも(笑)(Apple PencilもLightningだしね…)

さて、本体のフィルムを剥がす前に、液晶保護シートの準備をします。
なるべく指紋やホコリが付く前の状態で貼りたいですもんね!
今回買った液晶保護シートは、アンチグレアのガラスタイプのシート。

↓これね。


ペーパーライクにしようか散々迷ったんですが、ペーパーライクはペンの芯の減りが早くなるので、やめておこうと……。で、ガラスフィルムだとつるつる過ぎるかなぁって思ったのですが、これは多少抵抗があるみたい?なので、選んでみました。

どうやらガイドがついているようです。ガイド使って保護シート貼ったことないんだけど、貼りやすいのかな?

貼ってみました!
ガイドは……うーん、あれば目安になるけど、だからといって一発で位置が決まるわけでもなかったので、どうだったんだろう…。
ともかく、アンチグレアの保護シートのお陰で映り込みがかなり軽減されました!(フィルタなしだとがっつり映り込みます)

ちなみに、フィルムを剥がした本体↓

では早速電源入れてみますー。
おなじみのAppleマーク。

各国語で「こんにちは!」って言われます。
こんにちは!

では、設定を始めていきましょー。

最近では、iOS11以降のOS搭載の端末を使っていれば、簡単に移行できるようになっているみたいです。
でも、うちの「姫りんご」さんは初代iPad mini。つまり、iOS9.3.5が最終なのです。
なので、手動で設定を進めていくことになります。
それにしても、Mac OSにしてもiPadにしても「9の呪い」とでも言う位、バージョン9で止まる奴だよなぁ、私(笑)
ま、今回ついに9の壁を破ることになったんですけれども。

とはいえ、iCloudにバックアップされてた姫りんごさんの情報をとりあえずはそのまま復元した形になりました。
勿論、OSバージョンが随分違いますし、これからAirに合わせてアプリなんかを探して入れたりして行こうと思いますー。

ちなみに、iPad Air 3の名前は、「紅りんご」さんにしました(笑)
相変わらず端末に名前をつける奴。

Apple Pencilも開封しますー

さてさて、今回の目的の一つ、「手書(描)きの」ためには、Apple Pencilが必要です。
ちなみにAir 3に使えるApple Pencilは第1世代。

とにかくね!!Apple Pencil高いです!(泣笑)なんでこんなに高いノ!?って位高いですよ…ね……ううう……。手痛い出費なのですが、これがなきゃiPadにした意味がないので、泣きながらAmazonでポチッとな!しましたよぅ……。

こちらも本体の到着に合わせて注文して、無事に届きました。

ではでは、続いてApple Pencilを開封しますねー!

外箱ー
相変わらずシンプル・イズ・ザ・ベストな箱だなぁ、Apple製品…。

中身ー
ペンと、マニュアル、そして替えのペン先チップが1つついてますね。

それから、Lightningケーブルから充電するためのアダプタがついてきます。
これは大事ですね。だって、Apple Pencilの充電って……

これ
じゃないっすか(笑)

これさー、見たときに「折れる!折れるよ!!」って思ったの、私だけじゃないと思うのよね…(実際にはへし折れないようには出来てるんだろうけど)。
ペアリングの時はまぁ、百歩譲ってこの形態を受け入れるにしても、充電は…怖すぎる……。
なので、普段はアダプタを使って、
こんな感じで充電したいと思います。この方が安心。

でも、小さいパーツなので、このアダプタとか、何より受電中に外してるキャップ!
…失くしそうで怖いです……。

しかしそこは大人気端末のiPad、いろんなアクセサリが出てますね。
見た目は悪くなりそうなんですが、利便性を重視して、キャップ、アダプタのホルダーと、ペンホルダーとキャップの4点セットがあったので買ってみました。
それと、Apple Pencilは細めなので、グリップがあると指が楽そう、ってことで、グリップセットを。
↓こちら。

正直、この手のアクセサリも沢山販売されているので、どれがいいのかかなり迷いました…。選択肢があるのはいいけど、ありすぎるのも大変ね(笑)

キャップホルダーとかペンホルダーとかの4点セット。
暗い部屋で写真撮ったから、調整する時に色味が悪くなっちゃったけど、ホワイトのセットを買いました。
ペンにつけるのは…こんな感じ?
あんまり格好良くはないけど、これで紛失を少しでも防げるのならいいかな、と…。

アダプタはホルダーをつけて、もう片方をケーブルに取り付けるようになってます。

ペンキャップはあんまり深くないので…
グリップ。
太さの違うものが2つセットでした。色は薄いピンクのものを選んでみましたよ。

で、グリップを付けても、一応キャップがつけられました。
ただし、相当不格好になります(笑)
Apple製品のスマートさのかけらもなくなってる!(爆笑)

……いやいや、使い勝手とか、利便性重視で行きましょう、とりあえず…(汗)

ところで、Apple Pencilなのですが、充電状態がわかるようなランプなどはついてないのですよね……。
これ、バッテリー残量とか、充電状況とか、どこで見ればいいんでしょうか?ちょっと不安になるんですけど……確認方法とかあるのかな。
そのへん、ちょっと調べてみよう……。

あとはケースカバーを注文してまして、こちらは到着待ちでございます。
色々探して、やっぱり「可愛いのがいい!」ってことで、可愛さ第一で選んじゃった(笑)
結局私の価値観の中では「可愛い」ことってとても重要なことなんですよねー。そしてその「可愛い」は自分の主観によるもの。自分が可愛い、素敵、好き!って思ったものを選んで行くのが、幸せなんだなって思いますー。

…さて、とりあえず開封して満足しちゃった感があるんですが(駄目だろ!)これからぼちぼちと紅りんごさんのためのアプリを探して整えて行こうと思います!
良いアプリがあったらぜひ教えてくださいね!
とりあえず……使ってみたかった、plannerを入れてみるよ!

≫ Read More

パソコン・ガジェット   2020/02/08   このみ

ああiPad Air(第3世代)っ!

買ってしまったぁぁぁあああ!!
もー、清水の舞台から飛び降りるよーなもんですわ、私にとっては…。

なんでいきなりiPad Airなのか、なんでAirなのか。

行動はいきなりですが、思惑はいきなりではなくて。
もう1年以上前から、スタイラスペンが使えるタブレットが欲しいなぁと思っていたんです。持ち運べるのか欲しい、と。
で色々検討しました。
Androidタブレットか、Windowsか、Chromebook Tabがいいかも?と思ったり、電子ノートか?とか、色々。
まさに、悶々と考え続けました。

●何がしたいの?

まずは普通に、Webブラウジングにメール用途、電子書籍を読むリーダーとしても使いたい。
でも、手書きでノートに使えて、絵も描ける(すなわち筆圧感知あり)持ち歩ける重量の端末が欲しい。

そうなると自ずと、候補は絞られてくるんですよね。
ただ、ちょうどこの頃からスタイラスペン対応の端末が色々と発表されるようになってきてもいて(と言っても、そのうちのどれだけが日本国内で発売されるかは…期待薄だったんですけどね)、余計にぐるぐるする日々が続いていたのです……。
One Mix 3とか個人的に凄く好きなタイプの端末だしね(笑)
この頃、Windowsタブレットでスタイラス対応って減ってきてる気がしてたんだけど(実用的なものとなるとSurface Proくらい?)、AndoroidやChromebookは海外では面白そうな動きをしていた気がする。
で、結局色々見てはぐるぐるしてたんだけど、HuaweiからMediaPad M5 Proが出て、これかな!って思ったんです。
ところが御存知の通り、その後米国とHuaweiがあんなことになって、日本でも端末が入手しづらくなったり、そうこうしてるうちにMedia Pad M5 Proが販売終了してしまったりで、これから手に入れるにはちょっとどうかなって感じになってしまって。
その頃、ChomeBook Tabが日本国内でも販売開始されていて、これもWacomのデジタイザ搭載なので、凄く興味を持っていたのだけど、スペック的にちょっとパワー不足なのかな?っていう懸念もあって…(未だに気になる端末ではあるんですよ!)
他には電子ノートのBOOXとかLikeBook MusesとかのE-Ink端末にも興味があるし、E-Inkと普通の液晶の2画面搭載のYoga Book C930とか凄く気になったけど予算的に無理だなぁとか。
結局また決まらないまま、2019年が暮れたのでした。
2020年にはいる頃には、海外では動きが活発ではあるものの国内でデジタイザ搭載端末の動きが本当に鈍くなっていて(と感じてた)、選択肢があまりなくなっていた気がします。
そんな中、iPad無印の7世代がとってもお安くリリースされて、これは!って思ったんですよね。だけど他にもGalexy tab S6…は高いけど、Galaxy tab Aとか、他の選択肢がないこともなくて。
iPhoneには興味がないけど、iPadは大好きなので(…何故だ…(笑))Apple Pencilに対応した廉価iPadに興味がない訳がなくて、ほしいなぁって思ったんですよね。ただ、どうしてもすぐにiPadにしようって決めることが出来なかったんです。
何故ならWindows遣いだから。Windows遣いとしては、AndoridやChromeBookの方が何かと(連携的な意味で)便利かなぁって思ったり、スマートフォンもAndoridなので便利かなっていう思いもあり。

CES 2020でLenovoが発表した、ideaPadとかも気になって発売を待とうか、とも考えたんですが、これまた日本で発売されるかわからないですし、結局の所、スタイラスペン対応のタブレットで、日本国内でも入手が容易で、書き(描き)心地の良さについての評価が高い端末なんて、現段階ではiPadか、Surface位しかないのかも…っていう結論に達したんです。色々探してみたけど、国内正規販売されていない(個人輸入しないと入手できない)端末は、レビューの件数も少ないからスタイラスの使い心地について情報を集めるのが難しいですし。興味がある端末は沢山あって、今も勿論興味津々なんですが、実際に入手するとなるとハードルは高いですよね。

●で、なんでiPad Airになったのか。

最初は新しい無印のiPad第7世代を買おうかなぁって思ったんです。
以前からの私の戯言に付き合って下さっている方は、ここで
「おや?なんでiPad mini 第5世代じゃないの?」
って思われたことでしょう(笑)なんせA5サイズラバー(笑)の私、同人誌作るならA5サイズ、ノートもA5サイズが好きだしタブレットも8インチクラスのサイズが一番好き、その中でもiPad miniは、縦横比含めて一番A5サイズに近いかなって思っていて、ほんとに好きなサイズ感なんですよ。初代iPad miniの姫りんごさんは今でも現役でお家にいますしね。何度見てもいいサイズだなって思ってます。
第5世代のminiが出たとき、Apple Pencilに対応したminiは最強だ!って思ったんですよね。本当に欲しかったし、いや、今も欲しいです。
でも、今回の目的は上記。つまり、絵が描ける、っていうことも含んでいて、そうするとA5サイズに近いminiでは、ちょーっとディスプレイサイズが小さいかなって思うんですよね。
絵を描くなら、ディスプレイは大きい方がいい!(つまり、液晶タブレットも22インチとか、でっかいほうがいい!)と言われてます。
そういう点で言うと、勿論絵を描く目的なら、iPad Proの12インチクラスを買うのが一番いい!ってことになるし、実際お仕事で絵を描かれる方そのあたりを買われてるんだと思うのですが。
所詮趣味レベルの、それこそスランプから脱せないような私には、そんな高級機は宝の持ち腐れだし、何より予算が足りないし(苦笑)持ち歩くには12インチはでかすぎる・重すぎるし、そういう面で言っても無印iPadクラスがいいかなーと。

●そうと決まれば、まずは情報収集!ということで。

最近はメディアの記事だけじゃなくてYoutubeでもガジェット系のレビューをよく見てるので、iPad関連の動画を探して見てみたんですね。
特に今回の第7世代の無印とiPad Air第3世代って、比較の対象になるんですよ。サイズ的にもね。
なので、情報収集しているうちに、やっぱり買うなら第7世代よりAir 第3世代の方がいいなぁって思うようになって。勿論値段はその分張るんですけど、何年も使うものって考えたら……。CPUは勿論ですが、やっぱりフルラミネーションディスプレイっていうところが大きいかなって思ったんですよね。

ちょうどiPad第7世代が出た頃、第7世代32GBを買うなら、Appleの認定整備済製品のiPad第6世代が同じくらいの価格で買えるのでお得!っていう記事が出回って(?)いて。
お恥ずかしながら、Apple製品から遠のいていた私は、認定整備済製品というものがあることも知らなくて、以来、ちょこちょこ整備済品のチェックをするようになったんです。
ただ、そのときにはまだiPad mini 第5世代やiPad Air第3世代はラインナップには上がってなくて、iPad第6世代も人気ですぐに品切れになってしまうような感じでした。

中古のiAad Air 第3世代のチェックを始めたてた頃、だいたいAクラス品で付属品全部ついてるものだと50,000円ちょい位からだなー、まぁ、新品買えるわけじゃないから良さそうな中古品見つけたら買いたいなーって思ってたんです。
ところが2月頭に、米Apple stoerで整備済品のiPad mini 5とiPad Air 3の取り扱いが始まったというニュースが飛び込んで来たんですよ!これは…近日中にApple JapanのStoreでも取り扱いが始まるに違いない!って思って、頻繁にチェックするようにしていたら……
2月5日、ついに日本のApple StoreでもiPad mini 5とiPad Air 3の取り扱いが開始されていました!!
しかも価格が中古のAクラス品と同じくらい!!これは!!!
……って思ったら、そっこーポチってしまっていたという訳、ですね……(長かったな)。

●ちなみに、整備済品がなんで良いのかっていうと。

まぁ、わざわざ言う必要もないでしょ、って言われちゃうと思うのですが、まず、メーカーによる整備が済んでいて、完動品と保証されていること。1年間の保証もついてます。
付属品が全部揃っているのは当然で、何より、外装とバッテリは新しいものに交換されている、ほぼ新品と言っても良い状態の製品が、新品より安く入手できるのですよ。
整備済品の在庫があるなら、中古品じゃなくて、こっちを選びますよねぇ…。

と、言うわけで……勢いでポチったiPad Air 3が無事に届きましたが、無駄話で長くなっちゃったので(汗)開封は別記事にしますねー(汗)
長々付き合って下さった皆さま、ありがとうございました! 次に続きます!

≫ Read More

パソコン・ガジェット   2020/02/08   このみ