自由帳

パソコン・ガジェット

グラフィックボードを…

新しいパソコン用の(今のところ)最後のパーツ、グラフィックボードを入手しましたー!

ASUSのGTX1660Tiです。

20221128_01.jpg

もちろん中古です。それでも結構いい値段しますよねぇ…。

ちなみに同店で、今月の上旬に見た時に比べて、1000円ほど値上がりしました。グラボの値動きも激しいのかな。

Amazonだと35,000円くらいする…

ASUS TUF Gaming GeForce® GTX 1660 Ti EVO 搭載ビデオカード TOP Edition 6GB GDDR6 TUF-GTX1660TI-T6G-EVO-GAMING

 

 

付属品はマニュアル類だけ……まぁ…パーツだからそんなもんですかね…。

20221128_02.jpg

グラボです。(それ以上でも以下でもないよね)

20221128_03.jpg

ちなみにASUSのにしたのは、インターフェイスが、Display Port×1、HDMI×2あったから(ついでにDVIも1基ありますね)。

20221128_04.jpg
Display Port×2、HDMI×1か、Display Port×1、HDMI×2のどちらかのインターフェイスのものが欲しかったんです。


さて、装着ですが。

グラフィックボードの増設だったら、そんなに大変じゃないだろう。

そう思った時期が、私にもありました……(遠い目)


えーと、本体がコンパクトケースということもあって、ケーブル類に干渉したりとスロットに差す時にもちょっと苦労したんですが(中暗くて見づらいもの手伝って…)、なんとか差すことはできたんですね。

GTX1660Tiは補助電源が必要だと思うのですが、電源から伸びてるケーブルを探してみるも、グラボに差せそうな(8PIN)コネクタが見当たらない。本体ぐるぐる回して確認してみたけど、やっぱり見当たらない。

……もしかして……この電源からは8Pinのコネクタ生えてない……??

しかも、空いてるコネクタがSATAの1本しか残ってない……???

SATAののドライブをもう1基載せられるマウンタがあるので、SATAの電源コネクタはそれに使うようになっているのですが、だとするとグラボなんかはどこに差すんでしょうか。謎です。
(同ケースのグラボつきBTOモデル売ってたから、どうにかして載せてるんだと思うんだけど…)

で、結局悩んだ挙げ句。

SATAコネクタの分岐ケーブルと、SATA→8Pin変換ケーブルを
急遽Amazonで注文しました……_| ̄|○

これでうまくいくといいんだけど。

配達予定が今週後半なので、それまで保留です。
果たして無事にグラボを載せることはできるのでしょうか(洒落にならない)。

 

余談ですが、じゃんぱらさん(秋葉原)でグラボ買ったんですが、くじ引きやってて(冬の秋葉原電気街まつり?みたいです)、ライザのアトリエのカレンダーもらいました。

20221128_05.jpg

かわいい。

でもアトリエシリーズって、私ひとつもプレイしたことないんですよねぇ…。

気にはなっているんですけれども。

 

おまけ その1

Amazonブラックフライデーで先日追加注文したものが、今日届いたのですが、その中でちょっと便利だなと思ったアイテム。

20221128_06.jpg
USB指紋認証リーダー

SEKC USB指紋認証キー Windows Hello機能対応 0.05秒 指紋認証でセキュリティ対策 SFSD-01


 

デスクトップパソコンなんかでも指紋認証でログインできるようにるものですね!

とりあえず現行のメインパソコンにつけて試してみたのですが、ちゃんと指紋認証でWindowsにログインできるようになりましたよー!
うん、これは便利かも。

ところで、どうでもいいけどこの手の紙製のぴったーりくっついてるパッケージって、どうやって開けるのが正解なんでしょうか。

多少剥がれやすくなってるとか、剥がし口が作られているようなパッケージならまだいいんですけど、これは本当にぴっちり貼り付いてて、前と後ろの紙の境目もよくわからない状態だったですよね…。

この手のパッケージって開ける時、ビリビリになっちゃうのって私だけでしょうか。
なんか悲しい。

おまけ その2

ようやくタリーズのHappy Bagを予約してきましたー!

20221128_07.jpg

予約特典の鳥獣戯画ステッカーももらえましたよ!

20221128_08.jpg

私は白いのをもらいました。可愛い。

受取りはクリスマス前の予定です。
楽しみ。

≫ Read More

ハード   2022/11/28   このみ

GAOMON PD1610(液晶タブレット)

……か、買ってしまった……(滝汗)
この間デスクトップパソコン買ったばかりなのに、何やってんの?!ってツッコミ入れられそうなんですが、うん、自分でもそう思ったよ。大散財だよ(泣笑)

GAOMONの液晶タブレットPD1610は、今年の7月頃?に発売になった新しい機種なのですが、GAOMONのサイトでこれをみたときから、ずっと欲しいって思ってたんですよね。(密かにタブレット貯金もしてた(笑))
記事にしてなかったんですが、2年位前にGAOMONの液晶タブレットを買ったばかりだったんですが(PD156 PRO)、PD1610をみた時に、これだ!って思ったっていうか…うん……。
お前、最近全然絵描いてないじゃん、って言われそうなんですけど、うん、そうなんだけど、道具オタクなんですよ、結局のところ…(色々だめな理由)。
いーじゃん、自分で稼いだお金なんだもん、自分が欲しいと思ったものを買って何が悪いんだー(開き直り)

…さて、それはとも無く。
PD1610の何にそんなに惹かれたかというと、最初は「2.5K」の液晶タブレットが出たよ、っていうことで、HUIONの「Kamvas Pro 16(2.5K)」の存在を知って、2.5Kいいなぁって思ったのが発端だったんですよね。
Kamvas Pro 16(2.5K)

HUIONの方が先に発売していて、これをターゲットにタブレット貯金をちみちみ始めたんですが、その後にGAOMONから2.5Kの「PD1610」が発売されて。
ここでHUIONとGAOMONの比較になるわけですが、(個人的に)圧倒的にGAMONのPD1610の方が魅力的な点があったんです。

…アスペクト比が16:10なんですよ……!!

かねてから、ディスプレイのアスペクト比については変なこだわりがあって、FHDの16:9というアスペクト比がどうにも納得行ってなかったんですよね。
確かにね、横長になったことでツールバーの類を横の置いても描画ウィンドウが取れるようになった、ということにはある面では利点はあるよね、とは思ってたのですが、やっぱり縦方向が狭いって感じてしまっていて。
メインディスプレイですら、16:10のモニタを買うくらいなので、液晶タブレットが16:9っていうのが、やっぱり納得いってなかったんですよね。

そんな中、16:10の液晶タブレットが出た、って言われたら、そりゃ「これだ!!」って思うのは当然じゃぁありませんか!(アスペクト比にこだわるのって私だけ?普通はそこはこだわらないの?(汗))

で、流石に2.5Kの液晶タブレットは、16インチ台のサイズでも7万円超なので、なかなか手が出ないなぁ…と思って指をくわえて見ていたのですが(ぼちぼちタブレット貯金はしていた)、先日Amazonで11月20日までの10%クーポンが出ているのを見て、6万円台で購入できる!って思って、えいやっ!っとポチってしまったのでした。
ほらー、WACOMが値上げを発表したし、円安は停滞してるし、この先どうなるかわかんないしぃ(こればっかりだな)。

PD1610が届いたよ!

届きましたー!

20221113_01.jpg

箱を開けると…タブレット本体が。

20221113_02.jpg
PD156Proにはキャリーケースが付属していましたが、PD1610にはキャリーケースはついていませんでしたね。まぁ、私は持ち歩かないからいいんだけどね。

本体の下にはスタンドが入っていました。

20221113_03.jpg
スタンドも立派になってるなー!白い色も可愛くて良いですね。
とは言え、実は液晶タブレット用にノートパソコンスタンドがあるので、このスタンドは使わないんですけどね…(笑)

スタンドの下には付属品が入っていました。

20221113_04.jpg

ケーブル類は、Type-C接続用のものとHDMI接続用のもの、それと電源用のケーブルの3本でした。

20221113_05.jpg

ペンとペンスタンド。

20221113_06.jpg
ペンは新しいタイプのものになっていて、PD156Proの世代のものに比べてペン先の沈み込みも少なくなっています。

20221113_07.jpg
ペンスタンドの中には替芯が入っています。前のタイプは、スタンドの底の穴でペン先チップの取り外しをするようになっていたのですが、今回は中に取り外し用のリングが入ってました。

あとは、マニュアルと手袋、クロスも入ってました。

20221113_08.jpg 20221113_09.jpg

電源アダプタの部分はこんなパーツが入っていました。USBポート付きのタップに直接接続したので、この部分は使わずに仕舞ってしまいましたが…。

20221113_12.jpg

ちなみにスタンドはこんな感じで

20221113_10.jpg

こんな風に立てるようになってました。傾きは3段階変更ができるようになってますね。

20221113_11.jpg

付属のスタンドに本体を載せてみました。(実際にはこの状態では使いませんが)

20221113_13.jpg

本体を持ったときに、「軽っ!」って思いましたよー。
PD156Proも現役だと思うんですけど、同じ位のサイズなのにPD1610の方が軽い気がしました。どんどん薄く、軽くなるなー。

ちなみに、ぴったりすぎてわからないのですが、多分最初からフィルムは貼られています。だってノングレアだし、触った感じもフィルム貼ってある感じだし。(曖昧)

今回、写真撮り忘れたのですが、ペン先との視差が、殆どなくなっていました!キャリブレーションしなくても、電源入れた直後で視差がなかったんですよ。そこはすごい進歩だなって感じましたねー。
PD156Proのときは、やっぱり端に行くほど視差が大きくなって、キャリブレーションにコツがいる、みたいな感じだったんですよね。
あと、ペン先の沈み込みも殆ど気にならなくなっているのも良いですね。

さて、2.5Kとアスペクト比16:10の威力ですが、FHDとの分かりやすい比較としてはこんな感じでしょうか。

20221013PD1610_00.jpg

FHD(1920×1080)の「Farthest Frontier」のプレイウィンドウをPD1610に持ってきました。
こうやって見るとなかなかエグいな(笑)

「PD1610」、11月20日まで10%クーポンあるので、ちょっとお得ですよ~。

GAOMON PD1610

≫ Read More

ハード   2022/11/13   このみ

新しいパソコン届きましたー&環境を構築中。

こちらもTwitterでつぶやいていましたが、先日パソコン工房で購入した新しいパソコンが届きました!予想通り、前回の記事を書いた翌日に届きましたよー。

比較的コンパクトサイズの筐体のハズなので、荷物もそんなに大きくなかろーと思っていたら、届いた箱の予想以上に巨大で…。
えっ?なんで?何が入ってるの??
って、一瞬頭の中が白くなりましたよ。
持ってみたら(箱の大きさから見ると)そんなに重くないし。余計に「???」って感じになりました。
開けてみたら……なんか…マウスとキーボードまでついてきました……。

いらん。

…と、思わず唸ってしまいましたわ_| ̄|○
商品ページの商品情報の部分で見落として(というか、すっ飛ばして)いましたよ…。まさかの付属品でしたね…。
…まぁ百歩譲って(?)マウスはなんかの時に使えるかもしれないけど、キーボードについては、本当に要らんですわ…。メンブレンのフルキーボードなんて、邪魔にしかならんのですよ(ひどい言い様)。
 

本体の方ですが、不織布の袋に入れられていました。丁寧…。

20221027_01.jpg

写真撮れるスペースがなくて(汗)上部からの写真しかありませんが……。
袋から出してみたら、

20221027_02.jpg

うっ。すっごいピッカピカ。上部も側面もめちゃくちゃ映り込むじゃないですかっ!

…という訳で、ここで写真を撮るのをやめました。あしからず。

写真でみたときは、ケース下部(アクリルの足の部分)が光るけど、ボディは黒だと思ってたんですが、なんと、側面片面は透けてましたよ!(スモークガラスみたいな蓋でした)
LEDもアクリルの足だけじゃなくて、ケースファンも光るので、思った以上にゲーミング仕様になりそうなケースでした。かわいいー(笑)
メモリ、載ってるのは普通のDDR4でしたが、ゲーミング仕様のメモリ(光るやつ)を載せても良いケースですね(笑)(載せないけど)

置く場所とか、増設するものとか、用意ができていなかったので、届いた日は起動確認だけで終わりましたが、問題なく起動しました(しなかったら問題だよ…)。
とりあず、デフォルトの500GBストレージと8GBメモリを確認。OSはWindows11 Homeですね。

ところで、コンパクトサイズのケースですが、中すっきりしてて、(グラボとか載せてない状態だと)ハムスターでも飼えそうなくらいのスペースがあって驚きました(飼うな(笑))
でも(半透明の方の)側面を開けて見る限り増設ドライブ(2.5" SATA)2基をのせるマウンタらしきものが見当たらなくて。
どこに載せるんだろう?

翌日、ちょうど出社日にしていたので(秋葉原に出るついでだし)、(分かれば)教えてもらおうと、帰りにパソコン工房の店舗に行ってみました。
…店舗に展示はありませんでしたが……(スタッフさんいわく、ゲーミングパソコンしか展示しないそうです)。一応聞いてみたら、店舗では中身までは判らない、とのこと。
それでもモデル名から資料を探してくれて、ケース写真を見せてもらえました。
……そして、開けてない、透けてない方の側面パネルの方にマウンタがあることがわかりました……。

なるほど、そっちかぁ……。(いや、開けてみろよ)

ともあれ、パソコン工房のスタッフさん、親切にご対応くださりありがとうございました。

増設用の諸々を入手する。

■メモリを増設する。
さて、いつまでも出荷時のままのスペックではいかん、ということで、取り急ぎ増設メモリをGetしましたよ。

20221101_01.jpg

…うっかり何も考えずに増設しちゃったんで、写真は空ケースですが…(汗)
CrucialのメモリがAmazonでそこそこお手頃価格だったので(最安じゃない)これにしてみました。


Crucial デスクトップ用増設メモリ 8GB(8GBx1枚) 

増設して起動確認してみたら、問題なく16GBに増設されていたので一安心。
メモリも16GBになったところで、グラボ載せてないオンボードのグラフィックの状態でゲームプレイしたらどんなもんかな、と気になったので、比較的重めな「Farthest Frontier」をプレイしてみました。

20221101_04.jpg
ちなみに「Farthest Frontier」、街づくりの名作だと思います。

普段非力なメインマシンでプレイすることが多いのですが(時々にスペックの高いmini PCでプレイすることもある)、さすがCore i5第12世代、サクサク動いてくれましたわ……。これは嬉しい。

■ドライブを増設したい。

構成としては、内部に2分の2.5インチベイ(SATA))があるので、1TBのSSDを1基増設しようと思っていたので、2.5インチのSSDを買うか……と、物色してたのですが、実はM.2 SATA 1TBの2242が1枚、浮いていて。
これ、mini PCの内蔵にしたんですが、書き込みが不安定になったので外したものなんですが、SSDの不良かなと思いつつ、試しに外付けケースでメインマシンに繋いでみたら普通に動作したので、SSDには問題ないのかも……と思っていたもので。

2242が入れられるマシンが他になかったので、外付けケースで使うしかないかなぁと、置いてあったものなのですが、M.2 SATA SSD→2.5" SATA SSD変換ケースがあることを知って、これを2.5"にして内蔵することにしました!

で、2.5"ケースが届いたので

20221101_02.jpg20221101_03.jpg
……あー、うん。これまた何も考えずに中に入れてしまったので、(ビスが小さくて無くしそうなので開けたくない…)外観だけの写真しかないんですが……。

ポンコツか。

これはケースに入れた所までで、まだ載せてないんですよね。載せよーと思っていたところで、先にディスプレイケーブル類、ネットワークケーブル類の準備をしなくちゃいけなくて。

とりあえず、今回はこれらの増設までで、起動ドライブの換装(500GB→1TB)は11月後半以降にしょう、と思っていたんですよ。

ところが……。

…Amazonでタイムセール祭りやってる……

はい、タイムセール祭りです_| ̄|○
いやー、最初は11月末?とかにブラックフライデーもあるし、それまで待つのでいいかなって思ってたのですが、うっかりタイムセール祭りをのぞいてしまったら、。

SUNEASTのSSDが安いー!

(現在はタイムセールが終わったので1万円超に戻ってました)

…ってなわけで、気がついたらポチってました……_| ̄|○
ああ…散財だ……。

ついでにKIOXIAの16GB USBメモリも買いました。

安くなってたから。(これはもともと安いと思うんですが)
なんで16GB?って感じかもしれませんが、OSのインストールメディアとか作るときは16GBくらいのサイズが丁度いいかなって思っていて。以前同じUSBメモリを買って、インストールメディアを作るのに使ってたので、買い増しです。データ保存用などに使うなら、32GB以上を買うんですけどね。

タイムセールで買ったものが、今日届きましたよ。なので、増設作業は…。今週の後半は連休をもらったので、週後半にやろうかなと思います。
ちょっと2242の2.5インチ化したSSDの動作が不安なんですが、まずは載せて動かしてみないとわからないですよねー。あ、起動ドライブのクローンも作らないと……。
 

≫ Read More

ハード   2022/11/01   このみ

新しいパソコンを注文してしまったのよ

Twitterでもちょこちょこつぶやいていましたが、新しいパソコンが欲しくて。

mini PCを今年の頭に一台入手したのですが(未だに記事にしてないね(汗))、スペックは十分ながら、やっぱりデスクトップが欲しいな(グラボ入れられるから…)ということと、そのmini PCとあんまり相性が良くないみたいで(私は好きなんだけど、どうも片思いらしい)、メインにするにはちょっと不安が残る、ということもあって、しばらく前から今のメインパソコンの代替えになるデスクトップパソコンが欲しいな、と思い始めていたんです。
上記のmini PC以外にWindows11対応のCPUの載ってるパソコンが他にない、ということも理由の一つで、Windows10は使い慣れたので快適なんだけど、2025年までという終了も見えているOSなので、やはり次の世代を考えないといけないなと。

 

選考条件とか。

スペックとモデル選定の条件としては、
 1. 税込み10万円未満で収まること
 2. Intel 12世代CPU
 3. 電源容量500W以上、できれば600Wくらい
 4. グラボが載る(スロットがある)
 5. せめてミニタワー できればもっと小さいの
…ってことでした。
特に1は「絶対」。理由は簡単で、「減価償却が面倒くさいから」。
そのために、メモリやSSDの容量に関しては後でパーツ買って自分で増設したり載せ替えたりできるものの容量には強くこだわらない、ということにしました。
グラボも同様で、最初からグラボ積んでるもの(つまりゲーミングパソコン)だと10万を超えるので、最初からゲーミングパソコンは対象外にしましたよ(グラボは後から積めば良いものなので)。

CPUについては、第12世代、って思ったときにもうi5だな、っていうのは決まったんですよね、i3だとちょっと心もとないかも、という思いもあったし、i7になると途端にどのモデルも大体10万超えるし、消去法でもi5しかないよね、っていうのもあって。
CPUが決まれば、比較検討するモデルは絞られてくるので、あとは電源容量と予算の問題、という感じでしたね。

で、BTOパソコンで安い所の情報を集めたり、スペックの検討をしたり、見比べたり…と、検討に時間を費やしていましたが、その間、なんとか予算も捻出できるようになったので、買うなら今月かも…?と、ここ数日、本腰でモデル選定に入りまして。
なんで今月なの?っていうのは、この円安で、この先どうなるか判らないから。どうも、自作するなら9月のほうが良かったらしいですね(パーツの価格的に)。つまり、10月になって円安の影響なんかもあってパーツも値上がりしてる様で、この先も円安が悪化したり、悪化せずとも戻らなかったり、世界情勢的にもパソコンパーツ自体が入手困難になる、という事態に陥ることも、ないとは言い切れない状況だなと。だから、「今のうちに」って思ったんですよね。

ただやっぱり高い買い物なので、今月中に、と思いつつもあと一歩の勇気(?)が出なくて、もだもだしてたんですが、ついに昨日ポチ!っとしてしまったのでした。

選んだショップと機種。

最終的に選んだBTOショップは、パソコン工房さん。
パソコン工房

結構ギリギリまで、ドスパラとパソコン工房で迷っていたんです。どちらもコスパBTOショップとして有名どころですが、どっちもほぼ同じくらいなんですよ、価格的に。ただ、ちょーっとパソコン工房のほうがお安いことと、送料が千円くらい違う(これ、結構大きいです)ので、最終的にパソコン工房にしました。

でね、最初はミニタワーかなーって思ってたんですよ(ドスパラとの比較でもミニタワーで見比べてました)。ミニタワーでも大きいなって思うくらいだから(笑)ミドルとかフルとか以ての外だったので(メンテナンスはしやすいでしょうけれども)。

検討してたのがこのあたりのモデルでした。

これで、電源容量を500Wに変更しようかなぁと。本当は700Wとかにできたらいいんだろうけど、700にすると10万円超えるんですよね…。

カスタマイズ箇所をあれこれ迷って、ほぼほぼこれで決まりかなって思ってたら、こんなモデルが目に入りました。

<第12世代インテル Core i5搭載コンパクトデスクトップパソコン>
icon icon
コンパクトケースー!!!光ってるー!(いや、光るのはまぁともかく)
ちょうどこれを見つけた時、セール中でメモリ8GBモデルなら10万以内で収まったんですよ。
メモリならあとで追加すればいいから!ってことで、こっちにしよう…!と思ったものの、ただ同じくらいの金額でミニタワーならメモリ16GBを選べるから……と、やっぱりぐるぐると迷ってしまって…。
でもね、電源容量が、こっちの方が750Wなんですよね。最初から、というかケースがこれだから、専用みたいで。しかも省エネ効率が高い…!(どうも、電源ユニットが良いやつみたい)
やっぱりこっちにしよー!って思ったのが、25日に14時過ぎ。
……あのね、見落としてたんだけど、セール期間が25日の14時までだったんですよ……。
14時過ぎちゃってたものだから、商品ページ開いたら10万円超えてました……。_| ̄|○

えっ、そんなことってある?(笑)(いや、タイミング悪すぎでしょ(苦笑))

これはダメだ、やっぱりミニタワーしかないじゃん!(泣笑)って思ったんですよ。
そしたら関連商品に、同型に見えるんだけど(スペックも同じ)1万円強?くらい安い商品が目に入りまして。これは?って思ってみてみたら、アウトレット品でした。
保証期間が12ヶ月付いてるので、中古というより展示品落ちのような、新古品にあたるものみたいですね。これなら予算内だし、保証期間12ヶ月ついてるなら安心だし!ってことで、アウトレット品を注文することにしましたよ。
これならもともとのセール時の価格より安いし(笑)結果的に良かった…のかも?

これを書いている時点で、まだ発送されてないので(多分、今日発送されるんじゃ…ないかな?)、実際の使用感の程度は実物を見てみないとわからないんですけどね。

基本スペック

CPU:Intel Core i5-12400
メモリ:8GB
SSD:512GB NVMe M.2 SSD
電源:750W 0PLUS GOLD認証
拡張スロット:PCI Express4.0 [x16]×1

こんな感じです。
メモリの空きスロットは1つ。その他の内部端子の情報がスペック表になかったんですが、もともと買おうと思ってたコンパクトPCと同じならば、M.2端子は1基(Cドライブで使用済)、SATA 2.5インチスロットが2基だと思います。

とりあえず、メモリは16GBに増設して、Cドライブを1TBに換装しようと思ってます。Cドライブ換装は急がないけど、メモリはすぐに16GBにしたいなぁ。…できれば32GBとか載せてみたいけど、予算的には16GB…かなぁ…。
 

≫ Read More

ハード   2022/10/26   このみ

Apple Pencilの「フェルチップ」ペン先届きましたー

8月ころにクラウンドファンディングで応援購入していた、ifeliのペン先チップが届きましたー!(うっかり忘れかけてたよ(苦笑))


↓この記事で書いていたやつです。

クラウドファンディングって大体忘れた頃にやってきますよねぇ(苦笑)

 

届いたのはこのセット。

20221017_01.jpg

今回、ペーパーライクフィルムを貼っているほうがより良い(相性が良い)ということだったので、ペーパーライクフィルムセットを選びました。
ペーパーライクフィルム、ちゃんと入っていましたが(当たり前か)、今貼っているガラスフィルムがまだキレイなので(外に持ち出さないし、なかなか割るもんじゃありませんよね)、貼り替えるのがちょっと勿体なく思って躊躇してます(貧乏性)。
踏ん切りついたら貼り替えようと思います(何時だよ)。

 

さて、メインのペン先チップですが、箱のデザインはこれまでのifeliのチップのものと基本的には変わらないですね。

20221017_03.jpg
スライドして開けると、4本のチップが入っていました。

20221017_04.jpg

ちょっと長細い形状ですね…。

20221017_05.jpg←ちなみに昨年購入した(今使っている)ifeliのペン先チップも、Apple Pencilに装着すると、ちょっと太めでぼてっとした印象になるんですよね。

あんまり格好良くはない……。

 

さて、今回のペン先チップを装着してみたところ…

20221017_06.jpg

……ちょっとねじ込む部分の成型が甘いのか、ぴったりとははまらず、浮いた感じになってしまいました。
どのチップを付けてみても同様だったので、こういう形状みたいです。
しかも、今回は先の細いチップ部分の交換ができる仕様になっているため、更にペン先が長くなっているので、見た目は……格好良くはないですね……(苦笑)

ペン先の素材ですが、結構硬い気がします。プラスチック的な?
ガラスフィルムだと滑りますね。なるほど、このペン先チップを使うならペーパーライクの方がいいかも。
(ペアリングしてないので反応はしないけど)iPad mini5がペーパーライクフィルムなので、感触を試してみたところ、ペーパーライクで使うとシャープペン感があってなかなか良さそうな感触でした。

ペン先チップが細いので引いた線が見やすいかも?ですね。
あんまり参考にならないと思いますが、お絵描きアプリ(Mediban Paint)で線を引いてみたところです。

20221017_08.jpg

 

このペン先チップの良さそうだと思ったところは、この先の小さいチップだけの交換ができるという所。

替えチップ1袋(20本)とリフィルキットです。

20221017_02.jpg

これでペン先だけの交換ができるということです。
チップ20本の他に、リフィルキットの中にも10本入っているみたいなので、しばらく使い続けられそうですね(笑)

どうやって交換するんだろう?と思ったら、リフィルキットの裏に図解で交換方法が描いてありました。

20221017_07.jpg

…実際に交換するのは結構先のことになりそうですけれども。

 

■余談

全く関係ないのですが、近所の100円ショップ(ミーツ)に行ったらハロウィングッズがあって、可愛かったのでつい買ってきちゃいました。

2022_halloween_01.jpg

カップケーキ風のかぼちゃのオーナメント。かわいい。
おばけのとか黒猫のオーナメントもあったんですが、ハロウィンといったらかぼちゃだよねーっていう、スヌーピーファン的刷り込みがあって(かぼちゃ大王ね…)、どうしてもかぼちゃグッズに目が行っちゃうんですよね。
ランタンももちろんなんだけど、かぼちゃ大王が浮かぶよね、やっぱり…(笑)

≫ Read More

パソコン・ガジェット   2022/10/17   このみ

なんとなくiPad用のスタイラスペンを買ってみた

サードパーティー製のスタイラスペン(iPad mini5用)、1本持っているのですが、日用品を買うためにAmazonを開いたら、やたら安くなっているiPad用のスタイラスペンが目に入って、つい…ポチってしまいました…(苦笑)

一応ですね、ただ安くなってたからって理由だけでポチった訳でもなくて、ペン先チップの替えを見たら、純正Apple Pencilでも使えるってことになっていたんですよね。
ということは、純正とペン先チップ共用で使える?って思って。
で、ちょうど本体がやたら安く売られていたので(笑)お試し感覚で買ってみたのでした。

ポチった製品はこちら↓
■Metapen iPad ペンシル

 

■届きましたー

新しいスタイラスが届いたので、今まで使っていたもの(旧とします)と比較しながらご紹介~。

まずは旧の方ですが、
旧の外箱。

20221015_01.jpg

旧の方の付属品の写真は撮りませんでしたが、
付属品は充電用のType-Cケーブルと、替えのペン先チップが3つ、取扱説明書。
取扱説明書は片面日本語、片面英語の2か国語になっていました。

外観はこんな感じ。
全体

20221015_02.jpg

充電用のUSBポートとLED。充電が十分の状態では青く光ります。

20221015_03.jpg

ペン先チップはこんな感じ。少し大きめかな?

20221015_04.jpg

こちらはペンの頭の部分をシングルタップで電源ON/OFFするようになっています。
意外と使用中に腕とか体などにペンの頭が触れることがあって、そのたびに電源が切れるので、そこだけがぷちストレスになっています。それ以外には特に不満点はないんですけどねー…。

そしてこちらが新の「Metapen」。
まずは外箱。

20221015_05.jpg

…いや、外箱比較してだからどうなの?って言われたらそれまでなんですが(苦笑)
強いていいうと、Metapenのほうが箱の長さが少し短いです。

付属品。
充電用Type-Cケーブル

20221015_10.jpg
替えのペン先チップは2本ですね。それと、(写真では見づらいですが)充電ポートのカバーが2個ついているようです。

20221015_11.jpg

説明書は両面日本語のものが入っていました。

20221015_06.jpg

本体はこんな感じ。

20221015_07.jpg

充電ポートとLED。こちらのLEDは白でちょっと細長い形状ですね。

20221015_08.jpg

ペン先。こちらのチップのほうが小さく見えますね。

20221015_09.jpg

metapenの方は、ペンの頭をダブルタップで電源ON/OFFするようになっています。
電源入れるときは今までの癖でワンタップにしてしまって、「あれ?電源入ってない」ってなったりするのですが、使用中に自然に腕や体でダブルタップすることはなかなかないので、勝手に電源が切れることがないというところはとてもいいですね。

ちなみに、新旧2本を並べてみると、

20221015_12.jpg

…見た目はほとんど変わりません(笑)長さはもちろん、持った感じの重さも大差ない感じです。
ただ、ペン先チップは結構違って、

20221015_13.jpg

旧のほうが大きいですね。

先にも書きましたが、新のmetapenの方は、純正のApple Pencilと同じ形状のようなので、試しにmetapenのチップをApple Pencil(第1世代)につけてみたところ、装着することができました☆
もちろん、書くこともできたので、使えるみたい…。

ですが、今Apple Pencilで使っているペン先チップ、サードパーティー製のifeliのものを使っているのです。形状が同じなので、ifeliのものはmetapenに使えるのだろうか?と思って試してみたところ、装着はできるのですが、動作しませんでした。
……うむ、残念…。

動作状況はこんな感じ。
Apple Pencilにmetapenのチップ → ○
Apple Pencilにifeliのチップ → ○
Apple PencilにAppleのチップ → ○(当たり前ですね)

metapenにmetapenのチップ → ○(これも当たり前ですね)
metapenにifeliのチップ → ×
metapenにAppleのチップ → ○

ちなみに、metapenのペン先の書き心地ですが、旧スタイラスペンのペン先より柔らかい感触です。iPad mini5はペーパーライクフィルムを貼っているのですが、旧スタイラスペンの感触はボールペン?くらいの感覚でした。metapenの方は、鉛筆の感覚に少し近づく気がします。
スタイラスペンは書くときにカツカツと硬い音がしがちなのですが、metapenの方が旧スタイラスよりも音は小さいので、やっぱりペン先が多少柔らかいということなんでしょうね。
その分減りも早そうですが(苦笑)

スペアとしてもスタイラスペンは2本くらいあって良いものだと思っているので、しばらく使ってみようと思います。

 

■追記(2022/10/18)

しばらく使ってみて気が付いたのですが、電源ONにしてすぐに書こうとすると反応しない、ということが結構な頻度で発生しています。

1,2秒くらい?待ってから書き始めると問題なく反応するので、立ち上がりが弱いのかも知れませんね。

安いには安いなりの理由があるんだなーと思った訳ですが、「寝起きが悪い子なんだなぁ」と生暖かい目でみて付き合ってあげると幸せになれると思います(笑)

何事にも心の余裕って大事だよね(そういう話?)

≫ Read More

パソコン・ガジェット   2022/10/13   このみ

Apple Pencilのチップとか。

純正のApple Pencilのペン先チップはプラスチックなので、保護フィルムを貼っていない状態のガラス面やガラスの液晶フィルムを貼ってると、カツカツ音がするし、滑りすぎて文字なども書きにくいんですよね。

で、シリコンのペン先カバーなどを試してみたりもしていたのですが、クラウドファンディングをやっていたペン先がシリコンのペンチップを購入してみたんです(って、昨年の春の話なんですが(汗))

シリコン製ペン先カバーの場合、つけたばかりのときは良いのですが、だんだん外れやすくなってきて、書きにくくなっちゃって、あんまり良くはないなぁって思ってたんですね。

でも購入したものはペン先チップの表面にシリコン層がついているっていうタイプのものなので、(後付じゃないので)シリコン部分だけ外れるようなことはないんじゃないかなと思って、試しに使ってみることにしたんです。

 

硬さがノーマルと低摩擦の2種類あったので、1箱ずつ買ってみました。

20220815_001.jpg

こっちがノーマル

20220815_002.jpg

こちらが低摩擦のチップです。

20220815_003.jpg

…正直、見た目は同じですね(笑)

 

さて、まずはノーマルの方を使ってみたのですが、書き味は少し柔らかめで、ガラスフィルムの上で書いても程よい摩擦感があって、なかなか良いと思いました。

カツカツ音がしないのもいい。

 

しかーし!

 

筆圧が高いせいか……

使い始めてすぐにペン先のシリコンが折れました_| ̄|○

20220815_004.jpg

…まじか……。

 

折れたことでわかったんですが、本当に表面にシリコン層あって、中は純正のチップと同じようなプラスチックなんですね。

シリコン部が外れても、プラスチックのペン先で書くことは出来るので(笑)この状態で暫く使ってました。

 

さて、低摩擦のほうも少し使ってみたのですが、こちらのほうが少し固い?ような気がします。

ノーマルの方を瞬時に折った経験からか、無意識的にも意識的にも力の入れ具合に気を遣っている自分に気づきました。

ノーマルに比べると、ちょっと抵抗感が少ない感じがわかりますね。なるほど、低摩擦ね。

ノーマルに比べれば「ペン先シリコン折れにくそう?」って思いましたが、どうかな…。

少し気になったのは、メディバンペイントで線を引く時、ちょっと力入れないと線が細すぎるってこと。私の設定の問題なんでしょうかね…。

何となく、低摩擦の方は、文字を書くのに向いていそうな気がします。

 

…さて、何で昨春に買ったペン先チップの話なんかを今頃しているかというと、実は同じメーカーのペン先チップの新しいタイプのものが、またもやクラウドファンディングで出ていたので、凝りもせずにまたもや応援購入してしまったんですよねー(笑)

今回のチップはペン先が細いタイプということ。最近細いタイプって他のメーカーでも見かける事があって、気になってたんですよね。

あと、今回はシリコンじゃなくて「フェルチップ」っていうものらしいです。どんな素材なんだろう、素材欄には「プラスチック」としか書いてないんだけど、ペン先はプラスチックではなさそうに見えるんですけど…。

ペーパーライクフィルムとの相性が良いということなので、フィルムとのセットを購入することにしました(フィルムの価格を加味しても、単体で買うよりお得かなと思ったので)。

Apple PencilはAir3の方で使っているのですが(mini5の方はサードパーティーのスタイラスを使ってます。筆圧感知は使えないけど文字書く分には十分なので)、Air3の方は今はガラスフィルムを貼っているんですよね。

実はまた現物は手元に届いていないので、届いたらまた記事にしようかなと思います。

届くのが楽しみです。

 

おまけ 最近買って何気に気に入っているサプライ品

業務用のノートパソコンを職場から借りているのですが、ノートパソコンも少し傾斜をつけたほうがキーボードが打ちやすいんですよね。

とは言え、あんまり傾斜をつけすぎると逆にキーボードが打ちにくくなるので、「若干」の傾斜で良くて(個人的な好みの問題です)。

家でも職場でも仕事をするので、軽くて持ち運びがしやすいパソコンスタンドはないかな?と、探してみることに。

一番コンパクトなものだと、ノートパソコンの本体裏に貼りつけるタイプのものがあるんですが、貸出機の裏に貼り付けるわけにはいかないので、このタイプのものは除外して探してみたところ、これ!っていうのを見つけました!

←**SenseAGE 軽量薄型折りたたみ式ノートパソコンスタンド**

 

  こういうのでいいんだよ!(笑)

開くとぺったんこになるので、持ち歩くときも荷物になりません。1枚ペラだから重量も軽い!

20220815_01.jpg

マグネット式になっていて、畳むとこんな感じでスタンドになります。

20220815_02.jpg

いい感じに(笑)ノートパソコンやタブレットを立てかけて使用します。

 

頂点部分までの高さは3cmくらいなので、傾斜もゆるく、キーボードを打つのにも(私には)ちょうどいい感じ。

 

180度回転すると斜面のゆるい面になるのですが、スマホを横にして立てかけるのに良い感じの斜面になってます。

20220815_03.jpg

iPadなどのタブレットサイズのものを立てかけるときは、どっちの面を手間前にしてもいいかな。

ちょうど、文字を書いたりするときにいい傾斜になります。

凄く簡単な作りのスタンドなんですが、なかなかに使えて重宝してるんですよー。

≫ Read More

パソコン・ガジェット   2022/08/15   このみ

ペン型マウス

↑Amazonの商品管理が酷い(笑)商品の箱にべったりバーコードが貼り付けられてますな。

さて、つい数ヶ月前にエルゴノミクスマウスを買い替えたばかりで、それは今も使ってはいるのですが、元々があまり高いマウスではないものなので、危惧していた事が予想以上に早くやって来てしまいました。

……マウスホイールが反応しづらくなってきたよ……。

多分、駄目になるとしたら一番最初に来るのがマウスホイールだろうなぁ、とは思っていたものの、こんなに早くとは…ね。

小さくて軽くてかわいいエルゴノミクスマウスで、理想的だっただけに残念!(>_<)です。

まぁ、スカスカで全く反応しないと言うわけでは(まだ)ないので、いよいよホイールが使えない!という状態になるまでは引き続き使っていくつもりなのですが、とは言えホイールがキリキリ反応してくれないのは結構なストレスなんですよねぇ。

そんなわけで、新たエルゴノミクスマウスを見付けておこうと、探してみることに。

…でも、そもそもこのマウスを買うときだって、これ!って言うのがなかなか見つからずに、ようやく見付けたものだった訳で(しかも販売終了品)、また新たにエルゴノミクスマウスを探す、と言うのは、結構ハードルが高く……。

色々探してみたのですが、結局、「これ!」と思えるマウスは見つかりませんでした。

エルゴノミクスマウスを諦めるか、大きくても頑張って使うかしかないんでしょうかねぇ……。

 

ふと、ペン型マウスの存在を思い出す。

そんな中、ふと、少し前から気になっていた「ペン型マウス」の存在を思い出しまして。

これねぇ、絶対向き不向きがあって、「使ってみなきゃわからない」類の商品だと思うんですよねー。

だから、「興味はあるんだけど手を出してみるまでの踏ん切りがつかない」状態だったんです。

でも、こんなにエルゴノミクスマウスが見つからないんだから、一度使ってみるのもいいんじゃないだろうか、と大博打(大げさ?)を打ってみることしました!

お試しのつもりなので、安いのでいいけど、一応ユーザーのレビューは参考にしてみようと、ブログ記事やらAmazonレビューやらを見て回って、安くてもそこそこレビューが良さそうなものを選んでみましたよ。


Wscoficey 2.4GHz ワイヤレス光学式マウスペン

 

ペン型マウスが届いたよ

早速開封してみました!内容物はこんな感じ。

20220529_02.jpg

USBのドングルと、Type-C、microUSBの変換コネクタ、マウススタンドがついていました。

20220529_03.jpg

スタンドはこんな感じの簡単なものですが、ないよりいいかも。

単4電池1本が必要ですが、商品には付属していないので、別途用意する必要があります。(うちは単3、単4の電池はいつもストックするようにしてるので問題はありませんでしたが)

USBドングルをパソコンに接続したら、普通のマウス同様、すぐに使い始めることができましたよ。

ちなみに、メインはWindowsマシンなので普通に使えるのですが、ChromeBookでは使えないようでした…。残念。

 

使い勝手はどうだったの?

エルゴノミクスマウスがまた使えているので、今のところメインはそちらを使っているのですが、調べものの時など、ホイールの動きを正確に操作したい時などにペン型マウスを使ってみたところ、私にはとても使いやすいものでした。

…これ、もっと早く試してみればよかったなぁと思いましたわ。

左クリックが上面、ホイールの下側に、右クリックが親指の位置にあって、握り方など、慣れるまでは戸惑うかもしれないな、とは思いましたが、とは言え「ペンを持つように握る」ものなので、慣れるのにさほど時間はかからないと思います。(私は割りとすぐ慣れました)

20220604_04.jpg

普通にペンを持つようにマウスを握って、人差し指を伸ばしめにして左クリックに添え、親指を右クリックに添える、という感じでしょうかね…。人差し指はホイールを操作するときにも使うので、左クリックとホイールを行き来するといった感じです。

それから、「クリックする時にブレるので、浮かしてクリックする」などのレビューも見たりしたのですが、それよりもカーソルをクリックしたいところに合わせたら、机やマウスパッドなどに本体を少し押しるけるように固定してクリックしたほうがブレがなく操作し易いです。

うちは机にカッティングシートを敷いているので、止めの操作などもし易いのかもしれないなと思いました。

安いだけあって、作りはおもちゃっぽいんですが、最低限マウスの代わりにちょっと使う分には今のところ問題はないです。

ただ、形状こそ「ペン型」でペンを握るように持つものの、ペンのように絵を描くのは難しと思います……。

特にペンタブ使った経験があると、とてもこれで絵を描こうとは思えないんじゃないかなーと思いましたよー。

それどころか、個人的には「手書きメモもちょっと…」って思うくらいです(笑)

人間、贅沢に慣れると駄目ですな(苦笑)

≫ Read More

ハード   2022/07/20   このみ

スマートフォンの機種変更。

先日のスキャナーの記事の時にちらっと書いていましたが、5月30日に発売されたXiaomiのスマートフォンを購入しました!

Redmi Note 11 Pro 5G」ですー。

えーと、機種についての参考にニュースサイトの記事とか。

 

「もともと中華版やグローバル版で発売済みだった同機種に、日本向けにFelicaとか載っけて発売されたもの」だと、私は認識しているのですが(大体合ってると思うんだけど…)間違ってたらご指摘いただければと。

ちょうど訳あって(後述)機種変更しようかと検討し始めたところに、リリースのニュースが入ってきたので、これに決めた!っていう感じでした。タイミングの問題だったのよー。

私は楽天モバイルで本体だけ予約購入(回線契約なし)したのだけど、予約の段階で本体のみの価格比較をしたところ、楽天モバイルが一番安かったんですよね。

OCNモバイルは回線契約ありでも楽天より若干高かったし、契約者向け(機種変更)クーポンの使える対象機種にその時点では上がってなくて、価格がいくらになるのかが判らずで。

発売日にOCNモバイルを確認したら、機種変更でも楽天モバイルと同じくらいの価格になってたことを知って、ちょっと凹んだのだけど、後の祭りってやつですね(苦笑)

 

届きましたー

まぁともあれ、予約してたので、発売日(5月30日)に届きましたよ!

白い箱!

20220530_02.jpg

箱を開けてみます。

20220530_03.jpg

…びっくりするほどブレてた…(汗)

 

20220530_04.jpg

こちら内容物。専用のケースが付いてくるのは嬉しいですよね。 ハードケースではなく、ソフトケースでした。ソフトケースでも透明度は高かったよ。

そして、ACアダプタと充電ケーブルは高速充電対応なのですね。

 

本体、袋から出してみた。相変わらずつやつやでめちゃくちゃ映り込むから、っ写真撮る角度とか考えてたらブレてしまった。駄目すぎる…。

20220530_05.jpg

あ、ちなみに保護フィルムは最初からついてました。

 

背面です。

20220530_06.jpg

Xiaomiっていったら、この前の機種とかMi 11 Lite 5Gあたりとか?カラフルでかわいい色の筐体があるイメージだったのですが、Redomi Note 11 Pro 5G(長いよ…)は、黒と渋めの青(ネイビーに近いかな?)と白の3色展開なんですよね。そんな訳で、一番かわいいと思われる白を選んだのですが、この白、光沢があって、光の反射で水色っぽく見えたりもして、なかなか可愛いです。白にして良かった。

20220530_07.jpg

写真ではちょっと分かりづらいんですが、光の加減によって水色っぽく見えます。

本体は「Mi 11 Lite 5G」に比べたら厚いですが、今使ってるTCL PLEXと厚さはあまり変わらないので、私は気になりませんでした。むしろ角ばってるデザインなので薄く見えたくらい。

重さも、結構重いんですが(カタログ値で202gとか?)カバーありで持った感じ、TCL PLEXと同じくらいの重さなので(どちらも重量級なのだ)今まで通りっつっちゃぁ今まで通りかなぁ(笑)

軽ければ軽い方がいいのは確かなんだけど、もともとそういうもの、って思ってたから気にならないっていう感じですね。

これの発売の告知前までは、候補の中に「Mi 11 Lite 5G」も入れていたんですが、「Mi 11 Lite 5G」は薄くて軽い!という点が利点の反面、熱を持ちやすいのか熱くなる、ということだったので、薄ければいいっていうものもないのかな、って思いました。

ちなみに「Mi 11 Lite 5G」は別の理由で候補から外れたんですが、「Redomi Note 11 Pro 5G」に決めた時に同じXiaomiなので同じ状況になるのではないかと若干心配もしてたんですよね。

何かというと、どうも「Mi 11 Lite 5G」はCPU 性能はいいのにゲームがカクつくということで、特に音ゲーがひどいっていう話を聞いていたんです(みんな大好きプロセカとか全然駄目駄目だったそうです)。

私は音ゲーは苦手な方なので、沢山はやってないのですが、サイスタ(アイドルマスターSideM Glowing Stars)をやってるので、音ゲーだめなら困るなぁと思ったのですが、実際にプレイしみたらカクつきなどは見られなかったのでホッとしました。よかったぁ。

全体的な動作、操作感はサクサクですね。

写真はまだ試してみていないのですが、AIをonにして撮影すると色鮮やかになるみたいなのですが、逆に不自然に明るくなって、色がベタ塗りっぽくなったりしてるのを「Mi 11 Lite 5G」の紹介動画などで見ていたので、これもカメラはどうかなーって思ってます。鮮やかになるのは良いけど、不自然になるなら、彩度や明度が若干落ちても自然な色合いのほうが個人的には好みなので…。

まだ移行中で設定など、沢山触ってみてはいないのですが、XiaomiのAndoroidってMIUIという独自のOSになってるんですよね。Andoridのバージョンも11で、今まで使っていた10ではないし、初めてのMIUIのなので、ちょっと操作感が慣れないというか、設定メニューでも戸惑ってしまっています。 壁紙の設定ひとつで手間どるあたりが、なんかもう悲しくなりますよ……。

壁紙の設定でショックを受けているのが、今まで使っていたノブレス携帯風ライブ壁紙が使えなくなってしまったこと……!! これまで歴代、ず~~っとノブレススマホ(笑)だったのに……!!

ショックで寝込みたくなるくらい凹んでいますわ……(大げさ)

 

楽天モバイルの呪い

今回楽天モバイル版を買ったので、起動画面に楽天モバイルのロゴがガッツリ出るのがちょっと…悲しくなってしまいましたわ……。

楽天モバイル版の嫌なところは、この起動画面のロゴと、不要な楽天のアプリがこれでもか!って入ってるところ、そして何より楽天モバイルのアプリと楽天LINKのアプリがアンインストール出来ない仕様だというところ(!)です。楽天モバイルと楽天LINK以外の楽天系アプリはアンインストール出来るのでまだいいんですけど、消せないってなによ、って感じですよ(怒です)。

ちなみに、私はOCNモバイルのSIMを入れて使うのですが、「Redomi Note 11 Pro 5G」自体はSimフリーのスマートフォンなので、docomo系のOCNモバイルのSIMも難なく使えるし、なんならOCN新プランのアクセスポイントのプロファイルも入ってるのでSIM入れるだけで使えます。(これ、ちょっと古い機種だと新プランのアクセスポイントのプロファイルが入ってなかったりして、自分で修正する必要があったんですよね)。

 

で、なんで今回、機種変更に至ったのか。

超個人的なことで、毒にも薬にもならない話なので(笑)最後に書くことにします。お時間がある方、興味がある方はお付き合いいただければと。

ことの発端はなんだったんだろう……色々重なって。実際、ちょっと前まではまだ機種変更など考えていなかったんですよね。

これまで使っていたTCL PLEXは、2年半弱使っていますが、スペック的にもまだまだ使えると思っているし、OSはAndroid10だけど、ほぼ素のOSで変な癖もないし、使いやすくて気に入ってます。

困ったことといえば、バッテリーの持ちが悪いことと、音ゲーで時々モタつくことがあるくらい…(あと、Felicaは未対応)。

2年ほど使ったところで、最初から付属していたプラスチックケースが割れてきてしまったので、ソフトケースに買い替えたんです。そのソフトケースに、ガラスの液晶フィルムが付属していたので、液晶フィルムも当初から付いてたもののままだったので、そのガラスフィルムに交換したんですね。

そしたら、もともとあんまり音ゲーでタッチ感度高い方ではなかったものが、ほぼ半分くらいしか反応しなくなっちゃって(T_T)

これは音ゲー向きではない!! って、困ってたんです(笑)

一方、iPad mini5を持ち歩いているので、モバイルルーターを復活させたいなぁと思っていて。テザリングを使ってもいいんですけど、バッテリーの持ちがよくないので、できればモバイルルーターにしたい、でも通信費はなるべく抑えたい、と、昨年の秋くらいかな、基本0円で持てるということで、楽天モバイルでモバイルルーターを契約したんですね。

その時、3ヶ月は通信料無料のキャンペーン中だったので、1月くらいまで?は通信しても通信料無料で使えたし、その後は意外と外でiPad mini5をつなぐこともほぼなくて、今まで通信料無料のままでモバイルルーターを所持できていたのです、が。

皆さまもご存知の通り、先日楽天モバイルが基本料金0円を撤廃すると発表したんですよね~。

切り替わるのは7月から。

…そんな訳で、また7月以降について、検討する必要が出てきてしまったんです。

実はモバイルルーターの本体だけなら、一つ持っているものがあったので、SIMを入れれば良い、ということで、モバイルルーターはOCNモバイルの追加SIMを復活させて使うことにしたんですが、丁度音ゲーがあまり向かないTCL PLEXをどうしようか考えていたり、Felica今まで使ったことがなかったけど、あったら便利なのかなぁとか考えていたこともあって、楽天モバイルをただ解約するか、MNPに使って安く本体購入→数カ月後にそちらを解約、という方法で新しい機種を入手するか、迷いまして。

…でも、迷ってるうちにMOTOROLAの新機種の発表とか、Xiaomiの「Redomi Note 11 Pro 5G」の発表があったりして、別にMNP使わなくても買えそうだな、ってことになり……。

結果的に楽天モバイルで本体のみ購入したので、なんとなく申し訳なくて(?)本体の発送連絡を待ってからモバイルルーターの解約手続きをしましたよ…(笑)

各種キャリアも格安SIMも、価格競争で安いプランが色々出できたので、用途によって迷ったりすると思うんですが、個人的にはずっと使ってきたOCNモバイルは、価格も安いし追加SIMが使えるので、今回みたいなモバイルルーターに入れて使いたい、というときにも活用出来るので、結果的に一番使い勝手がいいんじゃないか、と思っています。

最近、外に出る日が少なくなってるので、モバイルルーターと合わせても3GBプランで賄えているんですが、外に出る日が増えそうな月には6GBに変更しても月額は2000円を超えないのが嬉しいところですねぇ。

≫ Read More

ハード   2022/05/31   このみ

ドキュメントスキャナーを買い替えた…のだけど。

ドキュメントスキャナは、ずいぶん前に購入したCanonのimageFORMULA DR-150という機種を使っていたのですが(多分10年前後?使っていると思う…)、先月まで問題なく使えていたのに、先日使おうと思って接続してみたら、デバイスI/Oエラー?とかが出て、メインマシンに認識されなくなってしまったのです。

一体何が?!と思って、接続ポートを替えてみたり、USBケーブルの不良かも?と思って、ケーブルを替えてみたり、ドライバーを入れ直してみたりもしたのですが、症状は変わらず…。

DR-150はバスパワーで動作するので、USBケーブル1本つなげるだけで使えるのですが、USB接続をすると、スキャナー本体の電源は入るし、一応パソコン側でUSBに何かが接続されたよ、というあの音(…Windows機を使われている方はお分かりいただけるであろう…あの音です)が鳴るでので、全く認識していない、というわけではなさそうなんですよね。

ただ、デバイスマネージャーを見ると、DR-150 に三角マークの「!」がついて、デバイスI/Oエラーだと言われる、と…。

うーん、これはスキャナーの故障なのかなぁ…と思い、「(まぁ、10年も使っているし)買い替え時期なのかも……」と結論づけて、新しいドキュメントスキャナーを買うことにしました。

 

で、新しいドキュメントスキャナーを選んでみる。

実は数日前に、5月30日にリリースされるスマートフォンを予約してしまったばかりだったので(これも後に記事にします…)、急遽スキャナーの買い替えが発生するのはかなり痛い出費だったんですが、背に腹は替えられぬ(必要なので…)ということで、早速機種選定をしました。

DR-150の後継に当たるであろう「DR-P215II」も良いなと思ったのですが、かねてから(?)富士通のScansnapの評判が良いイメージがあったので、今回はScansnapを買ってみることに。

大きいのは置き場所にこまるので、一番小さいタイプの「ScanSnap iX1300」にしました。
ちなみに、色は黒と白があるようですが、白い方を選びましたよー。

価格比較をして、結局Amazonが一番安いという結論になったので、Amazonで注文しました…ら、翌日に届きました。相変わらず早いな…。

 

ScanSnap iX1300 がやってきた

箱から出すよー

20220527_01.jpg

えーと、最初の感想は

「意外とでかい」

…でした……。

いやね、DR-150がすごくコンパクトだからね…つい、比較しちゃってですね。
付属品は、ACアダプタと電源ケーブル、USBケーブルです(袋から出してないのでなんだかわからんですね)

20220527_02.jpg

本体を袋から出してみたところ。

20220527_03.jpg

ピンボケになってしまった…。

開くとこんな感じです。

20220527_04.jpg

ぱっかーんと開けると自動的にガイドが出てきます。自分で引き出す必要なしなのね。
そしてガイドが出るようにちゃんと開かないと電源が入らない仕様のようですね。

さて、メインマシンにUSB接続して、早速セットアップをしようとしたのですが………

あれ?認識してない???

で、もしやと思ってデバイスマネージャーを確認してみると、

DR-150と同様、デバイスI/Oエラーとか言ってやがる………

えっ、どういうこと?(汗)

……つまり……ここに来てようやく、「不具合起こしてたのはメインマシンの方だった」という結論に至ったわけです。

結局、DR-150自体は故障していない、と……。

んー……Scansnap要らない子だったって事……?

…一瞬思考が固まったんですが、実はScansnapはWi-Fi対応なんですよ。Wi-Fiで接続できれば良いのでは!ということで、そちらを試してみることにしました。
ただ、メインマシンはWi-Fi積んでないので、ダイレクトに設定することが出来ません。
一度Wi-Fi接続済みのスキャナーをIPアドレスから探して接続することは可能、とのこと。

…仕方がないので…新しいminiPCで一度セットアップしてWi-Fi接続をした後にメインマシンでIPアドレスを探して接続、という手順で接続したら、今度はちゃんと認識されて、メインマシンでも使えるようになりました。

あーよかった。

これでScansnapを買った意味がありましたわ。

 

…とまぁ……。

結局、なんでメインマシンがUSB接続のスキャナーだけ嫌がるようになったのか、原因がわからないままなんですよね。

先月から今月の間に変わったことと言えば、メモリを増やして、グラフィックボードを載せたこと。流石にメモリは増えてもその辺に影響は出にくいのでは、と思ったので、原因となりうることと言えば、グラフィックボードを載せたこと……でしょうか……?
でも、その関連性については不明のままです。

ちなみにUSBポートの問題かとも思ったのですが、どのポートに繋いでも同様のエラーになるため、どうやらUSBポートの問題でもなさそう?なんですよね。
更に、USBポートにスキャナー以外の機器を接続しても問題は起きていないのです。ますます謎です。どんだけスキャナー嫌いなんだよお前、ってツッコミ入れてしまいましたもん。

うーん、とりあえずDR-150は別のマシンに繋いで使おうかな…と思います…。

 

ところで。

あの、ちゃんと確認しなかった自分がいけないし、Scansnapは本体でかいから当然って言っちゃ当然なのかも知れなんですが、「電源が必要」なんですよね。

箱開けた時、「あ、これ駄目じゃん」って思ってしまったんです(駄目ではないんだけど…面倒っていうか)。

ドキュメントスキャナーはパスパワーでさくっと動作してくれるコンパクトな方が、使い勝手はいいかなぁと個人的には思ってます。置き場にも困らないし。

結果、ScansnapはWi-Fi対応で今回の場合はなんだか駄目になったメインマシンでも使えるようになったから買って無駄じゃなかったけど、使い勝手を考えるならDR-150の後継に当たるDR-P215IIの方が、手軽だったんだろうな、という感じですかねー。

ともあれ、「なんか評判がいいイメージが有る」Scansnapくん、使い勝手は良いのか、画質はどうなのか、これから使ってみようと思っています。

≫ Read More

ハード   2022/05/29   このみ