自由帳

2022/10

新しいパソコンを注文してしまったのよ

Twitterでもちょこちょこつぶやいていましたが、新しいパソコンが欲しくて。

mini PCを今年の頭に一台入手したのですが(未だに記事にしてないね(汗))、スペックは十分ながら、やっぱりデスクトップが欲しいな(グラボ入れられるから…)ということと、そのmini PCとあんまり相性が良くないみたいで(私は好きなんだけど、どうも片思いらしい)、メインにするにはちょっと不安が残る、ということもあって、しばらく前から今のメインパソコンの代替えになるデスクトップパソコンが欲しいな、と思い始めていたんです。
上記のmini PC以外にWindows11対応のCPUの載ってるパソコンが他にない、ということも理由の一つで、Windows10は使い慣れたので快適なんだけど、2025年までという終了も見えているOSなので、やはり次の世代を考えないといけないなと。

 

選考条件とか。

スペックとモデル選定の条件としては、
 1. 税込み10万円未満で収まること
 2. Intel 12世代CPU
 3. 電源容量500W以上、できれば600Wくらい
 4. グラボが載る(スロットがある)
 5. せめてミニタワー できればもっと小さいの
…ってことでした。
特に1は「絶対」。理由は簡単で、「減価償却が面倒くさいから」。
そのために、メモリやSSDの容量に関しては後でパーツ買って自分で増設したり載せ替えたりできるものの容量には強くこだわらない、ということにしました。
グラボも同様で、最初からグラボ積んでるもの(つまりゲーミングパソコン)だと10万を超えるので、最初からゲーミングパソコンは対象外にしましたよ(グラボは後から積めば良いものなので)。

CPUについては、第12世代、って思ったときにもうi5だな、っていうのは決まったんですよね、i3だとちょっと心もとないかも、という思いもあったし、i7になると途端にどのモデルも大体10万超えるし、消去法でもi5しかないよね、っていうのもあって。
CPUが決まれば、比較検討するモデルは絞られてくるので、あとは電源容量と予算の問題、という感じでしたね。

で、BTOパソコンで安い所の情報を集めたり、スペックの検討をしたり、見比べたり…と、検討に時間を費やしていましたが、その間、なんとか予算も捻出できるようになったので、買うなら今月かも…?と、ここ数日、本腰でモデル選定に入りまして。
なんで今月なの?っていうのは、この円安で、この先どうなるか判らないから。どうも、自作するなら9月のほうが良かったらしいですね(パーツの価格的に)。つまり、10月になって円安の影響なんかもあってパーツも値上がりしてる様で、この先も円安が悪化したり、悪化せずとも戻らなかったり、世界情勢的にもパソコンパーツ自体が入手困難になる、という事態に陥ることも、ないとは言い切れない状況だなと。だから、「今のうちに」って思ったんですよね。

ただやっぱり高い買い物なので、今月中に、と思いつつもあと一歩の勇気(?)が出なくて、もだもだしてたんですが、ついに昨日ポチ!っとしてしまったのでした。

選んだショップと機種。

最終的に選んだBTOショップは、パソコン工房さん。
パソコン工房

結構ギリギリまで、ドスパラとパソコン工房で迷っていたんです。どちらもコスパBTOショップとして有名どころですが、どっちもほぼ同じくらいなんですよ、価格的に。ただ、ちょーっとパソコン工房のほうがお安いことと、送料が千円くらい違う(これ、結構大きいです)ので、最終的にパソコン工房にしました。

でね、最初はミニタワーかなーって思ってたんですよ(ドスパラとの比較でもミニタワーで見比べてました)。ミニタワーでも大きいなって思うくらいだから(笑)ミドルとかフルとか以ての外だったので(メンテナンスはしやすいでしょうけれども)。

検討してたのがこのあたりのモデルでした。

これで、電源容量を500Wに変更しようかなぁと。本当は700Wとかにできたらいいんだろうけど、700にすると10万円超えるんですよね…。

カスタマイズ箇所をあれこれ迷って、ほぼほぼこれで決まりかなって思ってたら、こんなモデルが目に入りました。

<第12世代インテル Core i5搭載コンパクトデスクトップパソコン>
icon icon
コンパクトケースー!!!光ってるー!(いや、光るのはまぁともかく)
ちょうどこれを見つけた時、セール中でメモリ8GBモデルなら10万以内で収まったんですよ。
メモリならあとで追加すればいいから!ってことで、こっちにしよう…!と思ったものの、ただ同じくらいの金額でミニタワーならメモリ16GBを選べるから……と、やっぱりぐるぐると迷ってしまって…。
でもね、電源容量が、こっちの方が750Wなんですよね。最初から、というかケースがこれだから、専用みたいで。しかも省エネ効率が高い…!(どうも、電源ユニットが良いやつみたい)
やっぱりこっちにしよー!って思ったのが、25日に14時過ぎ。
……あのね、見落としてたんだけど、セール期間が25日の14時までだったんですよ……。
14時過ぎちゃってたものだから、商品ページ開いたら10万円超えてました……。_| ̄|○

えっ、そんなことってある?(笑)(いや、タイミング悪すぎでしょ(苦笑))

これはダメだ、やっぱりミニタワーしかないじゃん!(泣笑)って思ったんですよ。
そしたら関連商品に、同型に見えるんだけど(スペックも同じ)1万円強?くらい安い商品が目に入りまして。これは?って思ってみてみたら、アウトレット品でした。
保証期間が12ヶ月付いてるので、中古というより展示品落ちのような、新古品にあたるものみたいですね。これなら予算内だし、保証期間12ヶ月ついてるなら安心だし!ってことで、アウトレット品を注文することにしましたよ。
これならもともとのセール時の価格より安いし(笑)結果的に良かった…のかも?

これを書いている時点で、まだ発送されてないので(多分、今日発送されるんじゃ…ないかな?)、実際の使用感の程度は実物を見てみないとわからないんですけどね。

基本スペック

CPU:Intel Core i5-12400
メモリ:8GB
SSD:512GB NVMe M.2 SSD
電源:750W 0PLUS GOLD認証
拡張スロット:PCI Express4.0 [x16]×1

こんな感じです。
メモリの空きスロットは1つ。その他の内部端子の情報がスペック表になかったんですが、もともと買おうと思ってたコンパクトPCと同じならば、M.2端子は1基(Cドライブで使用済)、SATA 2.5インチスロットが2基だと思います。

とりあえず、メモリは16GBに増設して、Cドライブを1TBに換装しようと思ってます。Cドライブ換装は急がないけど、メモリはすぐに16GBにしたいなぁ。…できれば32GBとか載せてみたいけど、予算的には16GB…かなぁ…。
 

≫ Read More

ハード   2022/10/26   このみ

Apple Pencilの「フェルチップ」ペン先届きましたー

8月ころにクラウンドファンディングで応援購入していた、ifeliのペン先チップが届きましたー!(うっかり忘れかけてたよ(苦笑))


↓この記事で書いていたやつです。

クラウドファンディングって大体忘れた頃にやってきますよねぇ(苦笑)

 

届いたのはこのセット。

20221017_01.jpg

今回、ペーパーライクフィルムを貼っているほうがより良い(相性が良い)ということだったので、ペーパーライクフィルムセットを選びました。
ペーパーライクフィルム、ちゃんと入っていましたが(当たり前か)、今貼っているガラスフィルムがまだキレイなので(外に持ち出さないし、なかなか割るもんじゃありませんよね)、貼り替えるのがちょっと勿体なく思って躊躇してます(貧乏性)。
踏ん切りついたら貼り替えようと思います(何時だよ)。

 

さて、メインのペン先チップですが、箱のデザインはこれまでのifeliのチップのものと基本的には変わらないですね。

20221017_03.jpg
スライドして開けると、4本のチップが入っていました。

20221017_04.jpg

ちょっと長細い形状ですね…。

20221017_05.jpg←ちなみに昨年購入した(今使っている)ifeliのペン先チップも、Apple Pencilに装着すると、ちょっと太めでぼてっとした印象になるんですよね。

あんまり格好良くはない……。

 

さて、今回のペン先チップを装着してみたところ…

20221017_06.jpg

……ちょっとねじ込む部分の成型が甘いのか、ぴったりとははまらず、浮いた感じになってしまいました。
どのチップを付けてみても同様だったので、こういう形状みたいです。
しかも、今回は先の細いチップ部分の交換ができる仕様になっているため、更にペン先が長くなっているので、見た目は……格好良くはないですね……(苦笑)

ペン先の素材ですが、結構硬い気がします。プラスチック的な?
ガラスフィルムだと滑りますね。なるほど、このペン先チップを使うならペーパーライクの方がいいかも。
(ペアリングしてないので反応はしないけど)iPad mini5がペーパーライクフィルムなので、感触を試してみたところ、ペーパーライクで使うとシャープペン感があってなかなか良さそうな感触でした。

ペン先チップが細いので引いた線が見やすいかも?ですね。
あんまり参考にならないと思いますが、お絵描きアプリ(Mediban Paint)で線を引いてみたところです。

20221017_08.jpg

 

このペン先チップの良さそうだと思ったところは、この先の小さいチップだけの交換ができるという所。

替えチップ1袋(20本)とリフィルキットです。

20221017_02.jpg

これでペン先だけの交換ができるということです。
チップ20本の他に、リフィルキットの中にも10本入っているみたいなので、しばらく使い続けられそうですね(笑)

どうやって交換するんだろう?と思ったら、リフィルキットの裏に図解で交換方法が描いてありました。

20221017_07.jpg

…実際に交換するのは結構先のことになりそうですけれども。

 

■余談

全く関係ないのですが、近所の100円ショップ(ミーツ)に行ったらハロウィングッズがあって、可愛かったのでつい買ってきちゃいました。

2022_halloween_01.jpg

カップケーキ風のかぼちゃのオーナメント。かわいい。
おばけのとか黒猫のオーナメントもあったんですが、ハロウィンといったらかぼちゃだよねーっていう、スヌーピーファン的刷り込みがあって(かぼちゃ大王ね…)、どうしてもかぼちゃグッズに目が行っちゃうんですよね。
ランタンももちろんなんだけど、かぼちゃ大王が浮かぶよね、やっぱり…(笑)

≫ Read More

パソコン・ガジェット   2022/10/17   このみ

2023年の手帳リフィルを作ったよ

嗚呼、もうこんな時期になってしまったんだなぁ、と思うのは、翌年の手帳リフィルについて考え始めた時ですな。

今年も9月ころから来年(2023年)の手帳リフィルについて検討を始めたのですが、検討した結果今年(2022年)のリフィルから大きい変更はなくていいな、という結論に至ったうえ、着手も早めだったので、10月中旬にして、完成させることができましたー。
作成していたツールとして、今までLibre Officeを使っていたのですが、Libre officeの罫線を引く時の癖になかなか慣れなくて手間がかかるので、迷った挙げ句…MS-Office2021を入手しまして…。今年はExcelで作りました。ところが、Excelは色々使い慣れているので操作上は楽なのですが、一つだけ困ったことがありまして…。何故か点線を使うと、印刷時に実践になるという謎のバグ?があるんですよね~。これ、直らないのかなぁ。
Libre Officeの良いところは、線の細さが0.25ptまで指定できるところですね。方眼のリフィルなんかを作るときにはキレイに作れるので。
まぁ、諸々のツールの仕様上、2023年のリフィルは方眼の線がちょっと太くなってしまいました。残念。
 

構成は今年のものと同様で、年間スケジュール、月間+デイリー(1ページ2日)という構成で年間スケジュールのリフィルは「pdf de calendar 2」様のリフィルを利用させて頂いております(ありがたや)。
今年のリフィルから変更した点は
・月間ページのあとに入れていたフリーページを冒頭にまとめた
・金・土・日のデイリーページの配分をちょっと変更
・予めデイリー枠に日付を表示するように。
・年間、フリーページのタブを作り、リンクで飛べるように
…ってところですかね。
フリー素材の画像を新しいものに差し替えたりもしたので、なんだかんだで作り直した箇所がありましたわ。

そんなこんなで出来上がったリフィルがこちら。
■メモページ

2023schedule_7.png2023schedule_8.png
かわいいフリー素材を見つけたので、2種類作ってみました。これを5Pずつ10P分。

■月間ページ

2023schedule_17.png

かわいい猫のフリー素材があってですね…。
今年も日付をクリックするとデイリーページに飛ぶようにリンクを貼ってます。

■デイリーページ

2023schedule_23.png

デイリーの上部にTodoを書ける枠を作りました。Excelのせいで(笑)枠線が太くなって主張が激しくなったのがちょっと残念な点ですな。

金・土・日のページはデイリー枠の配分を調整しました。

2023schedule_24.png

とまぁ、こんな感じです。
ちなみに使用するアプリですが、今年GoodNotesを使ってみて、スタンプ機能など手帳に便利な機能があるので、Noteshelfと検討した結果、来年もGoodNotesで手帳リフィルを使うことにしました。
Noteshelfも好きなアプリなので、別のノート用途などで使っていこうと思っています。
 

≫ Read More

漫筆   2022/10/16   このみ

なんとなくiPad用のスタイラスペンを買ってみた

サードパーティー製のスタイラスペン(iPad mini5用)、1本持っているのですが、日用品を買うためにAmazonを開いたら、やたら安くなっているiPad用のスタイラスペンが目に入って、つい…ポチってしまいました…(苦笑)

一応ですね、ただ安くなってたからって理由だけでポチった訳でもなくて、ペン先チップの替えを見たら、純正Apple Pencilでも使えるってことになっていたんですよね。
ということは、純正とペン先チップ共用で使える?って思って。
で、ちょうど本体がやたら安く売られていたので(笑)お試し感覚で買ってみたのでした。

ポチった製品はこちら↓
■Metapen iPad ペンシル

 

■届きましたー

新しいスタイラスが届いたので、今まで使っていたもの(旧とします)と比較しながらご紹介~。

まずは旧の方ですが、
旧の外箱。

20221015_01.jpg

旧の方の付属品の写真は撮りませんでしたが、
付属品は充電用のType-Cケーブルと、替えのペン先チップが3つ、取扱説明書。
取扱説明書は片面日本語、片面英語の2か国語になっていました。

外観はこんな感じ。
全体

20221015_02.jpg

充電用のUSBポートとLED。充電が十分の状態では青く光ります。

20221015_03.jpg

ペン先チップはこんな感じ。少し大きめかな?

20221015_04.jpg

こちらはペンの頭の部分をシングルタップで電源ON/OFFするようになっています。
意外と使用中に腕とか体などにペンの頭が触れることがあって、そのたびに電源が切れるので、そこだけがぷちストレスになっています。それ以外には特に不満点はないんですけどねー…。

そしてこちらが新の「Metapen」。
まずは外箱。

20221015_05.jpg

…いや、外箱比較してだからどうなの?って言われたらそれまでなんですが(苦笑)
強いていいうと、Metapenのほうが箱の長さが少し短いです。

付属品。
充電用Type-Cケーブル

20221015_10.jpg
替えのペン先チップは2本ですね。それと、(写真では見づらいですが)充電ポートのカバーが2個ついているようです。

20221015_11.jpg

説明書は両面日本語のものが入っていました。

20221015_06.jpg

本体はこんな感じ。

20221015_07.jpg

充電ポートとLED。こちらのLEDは白でちょっと細長い形状ですね。

20221015_08.jpg

ペン先。こちらのチップのほうが小さく見えますね。

20221015_09.jpg

metapenの方は、ペンの頭をダブルタップで電源ON/OFFするようになっています。
電源入れるときは今までの癖でワンタップにしてしまって、「あれ?電源入ってない」ってなったりするのですが、使用中に自然に腕や体でダブルタップすることはなかなかないので、勝手に電源が切れることがないというところはとてもいいですね。

ちなみに、新旧2本を並べてみると、

20221015_12.jpg

…見た目はほとんど変わりません(笑)長さはもちろん、持った感じの重さも大差ない感じです。
ただ、ペン先チップは結構違って、

20221015_13.jpg

旧のほうが大きいですね。

先にも書きましたが、新のmetapenの方は、純正のApple Pencilと同じ形状のようなので、試しにmetapenのチップをApple Pencil(第1世代)につけてみたところ、装着することができました☆
もちろん、書くこともできたので、使えるみたい…。

ですが、今Apple Pencilで使っているペン先チップ、サードパーティー製のifeliのものを使っているのです。形状が同じなので、ifeliのものはmetapenに使えるのだろうか?と思って試してみたところ、装着はできるのですが、動作しませんでした。
……うむ、残念…。

動作状況はこんな感じ。
Apple Pencilにmetapenのチップ → ○
Apple Pencilにifeliのチップ → ○
Apple PencilにAppleのチップ → ○(当たり前ですね)

metapenにmetapenのチップ → ○(これも当たり前ですね)
metapenにifeliのチップ → ×
metapenにAppleのチップ → ○

ちなみに、metapenのペン先の書き心地ですが、旧スタイラスペンのペン先より柔らかい感触です。iPad mini5はペーパーライクフィルムを貼っているのですが、旧スタイラスペンの感触はボールペン?くらいの感覚でした。metapenの方は、鉛筆の感覚に少し近づく気がします。
スタイラスペンは書くときにカツカツと硬い音がしがちなのですが、metapenの方が旧スタイラスよりも音は小さいので、やっぱりペン先が多少柔らかいということなんでしょうね。
その分減りも早そうですが(苦笑)

スペアとしてもスタイラスペンは2本くらいあって良いものだと思っているので、しばらく使ってみようと思います。

 

■追記(2022/10/18)

しばらく使ってみて気が付いたのですが、電源ONにしてすぐに書こうとすると反応しない、ということが結構な頻度で発生しています。

1,2秒くらい?待ってから書き始めると問題なく反応するので、立ち上がりが弱いのかも知れませんね。

安いには安いなりの理由があるんだなーと思った訳ですが、「寝起きが悪い子なんだなぁ」と生暖かい目でみて付き合ってあげると幸せになれると思います(笑)

何事にも心の余裕って大事だよね(そういう話?)

≫ Read More

パソコン・ガジェット   2022/10/13   このみ